新生活シーズンの買い替え予想、ソフトバンクのiPhoneが幅広い世代に支持 | RBB TODAY

新生活シーズンの買い替え予想、ソフトバンクのiPhoneが幅広い世代に支持

IT・デジタル モバイル

次に買いたいスマートフォン(iPhoneキャリア別)
  • 次に買いたいスマートフォン(iPhoneキャリア別)
  • 各OS/端末を選んだ理由
  • 各年代のキャリア別iPhone所有率
  • 各年代毎のスマートフォン端末所有比
 ライフメディアは2月18日、買い替えが進むことが予想される新生活シーズンに向け、「スマートフォン所有率調査」の結果を発表した。調査期間は1月31日~2月3日で、16~49歳のスマートフォンを保有する男女1,200人の回答を得た。

 まず「現在所有しているスマートフォン」(各世代の回答者数を100%とし、キャリア毎に割り振り算出)について質問すると、Android端末すべての合計を上回り、すべての世代で「iPhone」がトップとなった。10代(60%)、20代(58%)、30代(65%)、40代(62%)と世代問わず人気機種となっている。iPhoneのキャリア内訳では、ソフトバンクが各世代で過半数を超える所有率となっていた。auは若年層からの支持を受けており、ドコモのシェアは10%以下となっている。

 iPhoneの購入理由としては、「性能」51.4%がトップで、 「デザイン」40.6%、「使いやすさ」37.8%が続く。Android端末でも「性能」43.5%がトップながら、それに続く理由は「端末の使いやすさ」30.3%、「デザイン」29.8%と差異が伺える。

 また「次に買いたいiPhoneキャリア」でも、1位はソフトバンクモバイルとなった。ソフトバンクは全ての年代で支持が平均的に高くなっている。同社では、所有率のバランスの良さから、「iPhone取扱いの老舗」かつ「家族で使う安心感」で、ソフトバンクモバイルが支持されたと考察している。

 各社は、従来の家族割・学生割などのほかに、すでに新生活での買い換え需要を想定したキャンペーンを実施している。たとえば家族に学生がいるなら、ソフトバンクモバイルの「ホワイト学割 with 家族 2014」「学生家族まるごと割」「のりかえサポート」「iPhone 5c 購入サポート」、auの「auの学割」「U25家族セット割」、ドコモの「ドコモの学割2014」などが適用できる。家族使用の条件がうまく揃えば30万円以上も通常料金よりお得に使用出来るようだ。これらの割引についても検討の条件となるだろう。新シーズンに向けてiPhoneシリーズのMNP、新規ともに競争が激化している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top