富士通、Linked Open Dataへのリンクを自動的に付与する技術を開発 | RBB TODAY

富士通、Linked Open Dataへのリンクを自動的に付与する技術を開発

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

検索インターフェイスの表示例
  • 検索インターフェイスの表示例
  • 開発したアルゴリズムの概要
 富士通研究所、富士通研究開発中心有限公司、Fujitsu Laboratories of Europe Limitedは1月16日、国や企業の所有データと、「Linked Open Data」(LOD)との間で、同じ対象を表現するデータを発見しリンクを自動付与する技術を開発したことを発表した。

 「Linked Open Data」は、Linked Data形式でネットに公開されているデータセット群を指す。Web関連技術の標準化団体W3C(World Wide Web Consortium)が推奨しており、機械処理が容易で特定のアプリケーションに依存しないRDF(Resource Description Framework)と呼ばれるデータ表現形式を使用しているのが特長で、世界中でさまざまなオープンデータが公開されている。

 今回、富士通研究所とアイルランド研究機関であるThe INSIGHT Centre for Data Analyticsが共同開発したLOD活用基盤をベースに、表記やデータ構造の類似性からリンクを付与する技術を開発した。データ中の人物、組織、場所などの対象に対し、LODのなかから同一であるデータを推定し、複数のデータのなかから同一となる対象を自動で発見できる。

 富士通研究所は、本技術と連携可能なLODの検索サービス「LOD for all」を、2014年1月中に一般公開・運営開始する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top