AKBの国立ライブ開催決定に嵐ファンが困惑……“最後”じゃなかった | RBB TODAY

AKBの国立ライブ開催決定に嵐ファンが困惑……“最後”じゃなかった

エンタメ その他

AKB48公式サイト
  • AKB48公式サイト
  • メインスタジアムに予定されている2019年に竣工予定の新国立競技場
 AKB48が2014年3月29日・30日に東京・国立競技場で単独コンサートを開催することが17日にわかった。この発表が、一足先に“国立で最後のコンサート”を実現させたアイドルグループ・嵐のファンの間で波紋を広げている。

 17日、AKBG(グループ)のイベント「第3回AKB48紅白対抗歌合戦」で国立競技場でのライブ決定が発表された。同所は来年7月から改修工事に入る予定なので、改修直前にすべりこみで女性アイドル初の国立ライブを実現させたことになる。AKBメンバーやファンにとっては喜ばしいニュースだが、一部の嵐ファンがこの事態に困惑しているようだ。

 嵐は9月21日・22日に国立競技場でコンサート「アラフェス 2013」を開催。同所の長期改修は既にアナウンスされていたので、多くのメディアが「嵐が国立でライブを行う最後のアーティスト」と報じ、メンバーたちもMCで最後を飾る嬉しさについて語ったとされている。

 しかし、AKBが国立ライブを実現。さらに、改修工事の約3ヵ月前という直前期に開催するため、国立最後のライブとなる可能性も十分で、多くの嵐ファンがTwitterなどで「アラフェスの感動はなんだったのか」と戸惑いを示している。

 また、不安視されているのが「アラフェス 2013」のライブDVDについてだ。去年の「アラフェス」は11月中旬にDVD発売が発表されていたが、今年の「アラフェス 2013」は12月18日現在なにも音沙汰がない。

 ファンの間では、“国立最後のアーティスト”と結果的に事実に反する内容を伝えていることによりMCシーンがカットされる、もしくはDVD発売中止となるのではという憶測も上がっている。

 AKBの国立ライブ決定が引き起こした思わぬ騒動。「アラフェス 2013」のDVDはどうなるのか、続報が待たれる。
《原田》

関連ニュース

特集

page top