東工大スパコン「TSUBAME-KFC」、“世界最高の省電力スパコン”に……Green 500で日本が初1位 | RBB TODAY

東工大スパコン「TSUBAME-KFC」、“世界最高の省電力スパコン”に……Green 500で日本が初1位

エンタープライズ ハードウェア

TSUBAME-KFC
  • TSUBAME-KFC
  • TSUBAME 2.5
 東京工業大学、日本電気、エヌビディア・ジャパンは11月21日、東京工業大学学術国際情報センター(GSIC)のスーパーコンピュータ「TSUBAME-KFC」が、「Green 500」(省エネ)において、世界最高の省電力スパコンとして認定されたことを発表した。

 「TSUBAME-KFC」(TSUBAME Kepler Fluid Cooling)は、次世代3.0のテストシステム、オイルによる冷却システムを備えたスパコン。「TSUBAME 2.5」と同様に、NVIDIA社のKepler世代GPUを搭載しているが、TSUBAME-KFCでは、計算ノードを液体に浸けて冷却している。TSUBAME 2.0の後継となるTSUBAME 3.0およびそれ以降のためのテストベッドシステムとして、GSICが、日本電気、米国NVIDIA社など内外各社の協力で開発し、2013年10月に稼働を開始した。

 今回、The Green 500 Listの2013年11月版において1ワットあたり4,503.17メガフロップスを記録し、「TSUBAME-KFC」が、世界1位を達成したことが、国際会議で発表された。The Green 500 Listで日本のスパコンが一位になったのは初。また同時に「GreenGraph 500」(省エネのビッグデータ処理)においても1位を獲得し、省エネに関するランキングで2冠を獲得したという。

 なお、今年9月にアップグレードされた同センターのスパコン「TSUBAME 2.5」は、1ワットあたり3,068.71メガフロップスを記録し、Green 500(省エネ)で世界6位。TOP500(処理速度)で世界11位、国内2位となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top