いしだ壱成にも“結婚できない芸能人”の共通点!? 「自分ルールが多すぎる」 | RBB TODAY

いしだ壱成にも“結婚できない芸能人”の共通点!? 「自分ルールが多すぎる」

エンタメ その他

 俳優・いしだ壱成が18日に放送された「有吉ゼミ」(日本テレビ系)で細かすぎる自分ルールを告白した。昨今、極端なキレイ好きや几帳面な性質を公言する芸能人は数多いが、特にその傾向は独身男性に顕著。いしだもその“仲間入り”を果たすのか---。

 いしだは、「女性には僕の作ったルールを徹底的に守ってもらわないとダメ」と断言。いしだの1日は、起きたら水を1杯飲みその後白湯を飲む、トイレの後にシャワーを浴びるというように朝から分刻みで行動が決まっていて、ほかにも「食卓にはドレッシングを7種類用意」「いしだの毎日着る服を選ばないといけない」と恋人への要求も多いそうだ。「家ではリラックスしたい」と主張するいしだだが、ルールの多さに嫌気が指して離れていった女性も少なくないという。「結婚は心からしたい」と熱弁するも、ゲストたちは「器が小さい」と冷ややかな態度だった。

 几帳面を通り越して神経質ないしだ。しかし、いしだに限らず、結婚できない芸能人には几帳面で知られる人物が少なくない。SMAP・中居正広は「シャンプーとリンスが同時になくならないとイヤ」「なんでもピッタリじゃないと気が済まない」と語り、お笑いタレントの今田耕司や千原ジュニア、ナインティナイン・岡村隆史も潔癖症気味なことで有名。坂上忍に至ってはもはや殿堂入りレベルか。

 自分ルールが多いと、結婚というより他人との共同生活に向いていないのではという気もするが……。ただ、“恋人の条件”として100項目以上を挙げていたロンドンブーツ・田村淳は9月に結婚。お相手は、チェックの厳しい田村も「菩薩のようだ」と絶賛する完璧な女性だった。どんなにこだわりが強くとも、諦めなければいつか報われる日がくるのかもしれない。
《原田》

関連ニュース

特集

page top