ASKA“激白”記事は合意の上だった? 「週刊文春」が反論 | RBB TODAY

ASKA“激白”記事は合意の上だった? 「週刊文春」が反論

エンタメ その他
ASKA事務所に反論した「週刊文春」公式サイト
  • ASKA事務所に反論した「週刊文春」公式サイト
  • 「週刊文春」の記事掲載を「本人が承諾したものではありません」と主張するASKA所属事務所
 人気デュオ・CHAGE and ASKAのASKAが薬物疑惑について語った「週刊文春」(10月17日号、文藝春秋)のインタビュー記事をめぐり、記事掲載をASKA本人が承諾していないとする所属事務所に対し、文春側が反論した。

 同誌編集部は11日に公式サイト上で、ASKA所属事務所側の主張に対し、「本誌記者は事前に取材依頼の手紙と質問状をASKAさんに渡しており、インタビューはそれを基に行われたものです」と反論。さらに同事務所が「記者も取材でないことに同意した」と主張したことについても、「そうした事実はありません」と否定し、「記事の扱いについて、ASKAさんは本誌記者に『任せます』と伝えており、記事はそれを受けて掲載されました」と経緯を説明した。

 ASKA所属事務所のロックダムアーティスツは10日、公式サイト上で問題の文春記事について言及。インタビューに応じたASKAは同誌記者へ「取材ではなく個人的に話をしたいという衝動的な気持ちから連絡し、記者も取材ではないことに同意した上で自宅に招きました」と主張していた。
《花》

関連ニュース

特集

page top