大人の男も楽器を演奏したい 音楽と楽器に関する調査 | RBB TODAY

大人の男も楽器を演奏したい 音楽と楽器に関する調査

エンタメ 調査

楽器を始めた年齢
  • 楽器を始めた年齢
  • かじった経験のある楽器
  • 楽器を始めたきっかけ
  • 楽器別・楽器を始めたきっかけ
  • 音楽は青春の一部/象徴といえるか
  • 今でも楽器を演奏しているか
  • 楽器演奏をできればしたいと思うか
  • 今後演奏したい楽器
 「これから楽器を演奏したい」男性は9割弱、50代では92.5%にも。「やるからには上手くなりたい」から、大人向け音楽教室には半数近くが関心あり---。イード(東京都中野区)は、30~60代の楽器演奏の経験のある男性800名を対象に「音楽と楽器に関する調査」を実施した。

 楽器を始めた年齢は大半が10代までとなっているが、演奏経験のある楽器は世代によって異なる。30代は「ピアノ」。40代は「ピアノ」と「アコースティックギター」が拮抗。50~60代は「アコースティックギター」が最多となった。特に50代のギター人気が高く、2人に1人がギタリスト。40代の「エレキベース」、「ドラム」、60代の「ハーモニカ、ブルースハープ」、「ウクレレ」など、その世代で突出して高い楽器もある。

 楽器を始めたきっかけについて聞いたところ、ピアノは「親に習わされた」、アコースティックギターは「演奏したい曲があった」、エレキギターは「好きなミュージシャンがいたから」がトップ。ギターの方が“能動的”で、楽器によって始めるきっかけも異なるようだ。

 現在楽器演奏をしていないと回答した人は7割強だが、一方で「できれば演奏してみたい」と回答した人は約9割に上り、関心は高い。特に50代は92.5%となった。これから演奏してみたい楽器としては、世代を問わず「ピアノ」が一番人気で、「アコースティックギター」がそれに次ぐ。演奏経験と比較すると、「サックス」、「ドラム」、「ピアノ」などが、これから演奏してみたい楽器としての人気が高い。

 若い頃に楽器演奏を行ったことによるメリットは、「達成感を得られた」、「継続することの大切さを知った」といった回答が上位に挙がった。いっぽう、これから楽器を演奏することのメリットを聞いたところ「手先が器用になる」、「脳が活性化する」、「ストレス発散」になるなど、健康維持が期待されている。そのほか「違う世代の人とも仲良くなれる」、「共通の趣味の人と仲良くなりたい」など、コミュニケーションに対する意向も見られた。

 楽器演奏に関しては「やるからにはうまくなりたい」、「基礎から学び直したい」と、高い意識で臨もうとする人が大半を占めた。また、音楽教室に「通いたい」という人は3人に1人、大人向けの音楽教室に興味のある人が約4割と、具体的に学ぶことに対するイメージを持っている人も多い。

 7割が「音楽は青春の象徴」だと実感しているなか、楽器の演奏に打ち込むことで青春を取り戻す……。最近大人向けの音楽教室も増えてきているようだ。人生を謳歌するために楽器演奏を始めるのはまさに「今」だ。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top