MEGと高木康行がトークセッション&体験撮影会……FUJIFILM X-M1×roomie | RBB TODAY

MEGと高木康行がトークセッション&体験撮影会……FUJIFILM X-M1×roomie

IT・デジタル デジカメ

トークセッション&体験撮影会の様子
  • トークセッション&体験撮影会の様子
  • FUJIFILM X-M1
  • MEG
  • 高木康行
  • 「roomie」トップページ
 富士フイルムは25日、ミラーレスデジタル一眼カメラ『FUJIFILM X-M1』の発売にあたり、ライフスタイルメディア「roomie(ルーミー)」とのコラボ企画として、「日常をアートに切り取る写真とは?」と題したイベントを開催した。

 『FUJIFILM X-M1』は2013年7月に「Xシリーズ」の新製品として登場したレンズ交換式プレミアムカメラ。片手で直感的に操作可能な約330gの軽量コンパクトボディ、フルサイズセンサー搭載機に匹敵する高画質を実現した。また無線LANでスマートフォンなどに撮影画像を送信できる「スマートフォン送信」機能を「Xシリーズ」で初めて搭載している。

 同機は“あなたのLOVEを作品にする、デジタル一眼。”をコンセプトとしており、現在サイトなどで「LOVE PHOTO」プロモーションを展開中だ。今回その一環として、「日常生活とアート」をテーマに、参加者31名を招いて、トークセッションと体験撮影会を開催した。

 当日はゲストとして、原宿カルチャーのファッションアイコンとして知られる人気アーティスト・MEG、そしてファッション誌などで活躍中のフォトグラファー・高木康行が登場。「日常をアートとしてビジュアルにおさめること」について、その表現の可能性やヒントなどのトークが交わされた。トークのなかでは、2人が実際に『FUJIFILM X-M1』を用いて撮影した写真も公開。「日常」のなにげない瞬間をどのようにして「アート」として成立させているのか、こだわりやテクニックが披露された。

 後半は、高木氏が引き続き参加し、参加者とともに体験撮影を実施。「いきなり撮りたかった写真が撮れてびっくり」「むずかしいと思っていた写真がカンタンに撮れた」などの声が寄せられたという。なお、公式サイトでは、『FUJIFILM X-M1』を用いて、初心者でも簡単に高いクオリティの写真が撮れる撮影術も紹介している。


FUJIFILM X-M1 SPECIAL PROGRAM:http://fujifilm-x.com/x-m1/ja/lovephoto/
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top