企業ホームページ満足度、サービス業上位は「ヤフー」と「オリエンタルランド」 | RBB TODAY

企業ホームページ満足度、サービス業上位は「ヤフー」と「オリエンタルランド」

ブロードバンド ウェブ

企業ホームページ満足度調査結果 1/2(業種別結果)
  • 企業ホームページ満足度調査結果 1/2(業種別結果)
  • 企業ホームページ満足度調査結果 2/2(業種別結果)
  • 「ヤフー」企業サイトページ
  • 「オリエンタルランド」企業サイトページ
 ICT総研は23日、2013年度「企業ホームページ満足度調査」の結果を発表した。調査時期は7月5日~8日で、「個人向けの主力商品・サービスを持つ企業」13業種52社のホームページに対する、17,783件のWebアンケート結果を集計・分析したもの。

 各社の商品・サービスを紹介する各企業のホームページのユーザビリティや満足度を、Webによるユーザーアンケートの形で収集した。「到達性」「デザイン」「メニュー構成」「情報量の適切さ」「内容の分かりやすさ」「ページ全体の印象」「HP全般の分かりやすさ」の7項目を評価した。52社については、業種内で売上高・営業利益で上位と考えられる企業を1業種あたり4社ずつ選定したとのこと。

 調査の結果、「飲料」でトップとなったサントリーが総合満足度415.8ポイントを獲得し、総合トップとなった(総合満足度は700点満点)。ただし、業種によって商品・サービスの特性やホームページでの紹介の仕方が異なるため差異があり、「飲料」は対象4社の総合満足度平均自体が、393.8ポイントと非常に高かった。

 業種ごとの総合満足度平均とトップ企業の差分が著しい業種という視点で見ると、「サービス」「移動通信」「食品」「小売」の4業種が該当し、「サービス」では「ヤフー」(業種平均との差分+40pt)と「オリエンタルランド」(同+33.9pt)、「移動通信」では「ソフトバンクモバイル」(同+33.2pt)、「食品」では「山崎製パン」(同+31.3pt)、「小売」では「ファーストリテイリング」(同+31.2pt)の5社が、それぞれ業種平均との差が大きい企業だった。

 なお「サービス」は、総合満足度トップのヤフー(358.5ポイント)と最下位のディー・エヌ・エー(249.6ポイント)の差が108.9ポイントともっとも大きい業種となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top