フィーチャーフォンユーザーのスマホ乗り換え、7割は同キャリア継続 | RBB TODAY

フィーチャーフォンユーザーのスマホ乗り換え、7割は同キャリア継続

IT・デジタル モバイル

スマートフォンを購入する際に携帯会社の変更をするか
  • スマートフォンを購入する際に携帯会社の変更をするか
  • 検討しているスマホ端末
  • 検討しているスマホ端末(キャリア別)
  • スマートフォンの購入を検討する際に重視するサービス
 MMD研究所は11日、「フィーチャーフォンユーザーのスマートフォン乗換意向に関する実態調査」の結果を公表した。調査期間は6月21日~6月24日で、フィーチャーフォンを所有している15歳~69歳の男女992人から回答を得た(docomo=331、au=330、SoftBank=331)。

 まず、「スマートフォンを購入する予定」と回答したフィーチャーフォンユーザー(N=204)を対象に、「現在検討しているスマートフォン端末」について聞いたところ、「iPhone」が56.4%で1位。以降「AQUOS PHONE(24.5%)」「GALAXY(23.0%)」「Xperia(21.6%)」の順にランクインした。「iPhone」を除いたスマートフォン端末をキャリア別にみると、docomoが「Xperia(34.8%)」「GALAXY(33.3%)」、auでは「GALAXY(24.2%)」「AQUOS PHONE(22.7%)」、SoftBankでは「AQUOS PHONE(22.2%)」「Xperia(15.3%)」の順で人気だった。

 次に、スマートフォンを購入する予定と回答し、検討しているスマートフォン端末を選択した人(N=170)に、「スマートフォン購入を検討している理由」について質問したところ、もっとも多かった回答は「スマートフォンで利用してみたい機能やアプリがあるから」が42.4%で1位だった。以降は「利用している携帯電話が古くなってきたから」が41.8%、「PC向けのWebサイトが閲覧できるから」が40.0%となっている。

 さらに「スマートフォンを購入する際に携帯会社の変更をするか」を聞いたところ、「変更する予定はない」と回答した人が75.9%で、「変更する予定がある」と回答した人が24.1%となった。また「スマートフォンの購入を検討する際に、重視するサービス」を、“重視する”から“重視しない”までの5段階で聞いたところ、重視する、やや重視するを合わせて「端末代金の安さ(85.3%)」「月額料金の安さ(87.0%)」「料金プランのわかりやすさ(80.6%)」と、料金面を重視する回答が8割を占める結果となった。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top