乃木坂46・新センターの白石麻衣、始球式での失敗に「悔しい…」と号泣 | RBB TODAY

乃木坂46・新センターの白石麻衣、始球式での失敗に「悔しい…」と号泣

エンタメ その他

始球式を行った乃木坂46の白石麻衣
  • 始球式を行った乃木坂46の白石麻衣
  • 試合前に新曲「ガールズルール」を披露した乃木坂46
  • 試合に華を添えた乃木坂46
  • 楽天・田中将大投手のヒーローインタビューにも登場した乃木坂46
 アイドルグループ・乃木坂46のメンバー・白石麻衣が9日、東京ドームで行われた東北楽天ゴールデンイーグルス vs 北海道日本ハムファイターズ戦の試合前に始球式を行った。

 試合前に登場した乃木坂46は、3日リリースした6枚目シングル「ガールズルール」を披露。会場を盛り上げた後、センターを務める白石がマウンドに立った。

 中学時代にソフトボール経験があった白石だが、緊張のためか投げたボールはキャッチャーミットまで届かず、その場にうずくまって悔しがった。投球が上手くいかなかったことがよほどショックだったのか、その後の会見では「悔しい…」と涙を見せる場面もあった。

 しかし、試合の合間には「東北楽天ゴールデンイーグルス」の選手を場内アナウンスでコールするなど初めてづくしの経験をした彼女たち。5回裏終了時には、楽天のチアとともにタオルを振るパフォーマンスを披露し、試合に華を添えた。また、試合後のヒーローインタビューではメンバーが再度登場。田中将大投手の完封による楽天の勝利を祝った。
《花》

関連ニュース

特集

page top