よしりんがAKBファン卒業宣言!? ファンもビックリ……「指原1位がそんなにショックだったのか」 | RBB TODAY

よしりんがAKBファン卒業宣言!? ファンもビックリ……「指原1位がそんなにショックだったのか」

エンタメ ブログ

AKB48の熱心なファンからの“卒業”を宣言した小林よしのり氏
  • AKB48の熱心なファンからの“卒業”を宣言した小林よしのり氏
  • 「AKBに関する一切の言論活動は終わる」と宣言した小林よしのり氏
 マンガ家の小林よしのり氏が、AKB48の熱心なファンからの“卒業”を自身のブログで宣言した。今後は「ライトな一ファン」としてAKBを見守るという。AKBファンの間でも驚きの声が多数あがっている。

 これまで、AKB48への熱い思いの丈をメディアを通じて語ってきた小林氏。深い“AKB愛”ゆえに、グループの将来を考え、時に厳しい意見も投げかけ、ほかのAKBファンからの批判を受けることも少なくなかった同氏だが、先日の総選挙の際には、いわゆる“ネタキャラ”とさえるHKT48指原莉乃が1位になったことを受け、「シラケた」と失望。以前から指原が1位になっては「それは『アイドル』の定義が崩壊する危機だ」と危惧していた同氏にとって、今回の総選挙の結果は呆れるものだったようだ。

 もっとも、この総選挙の結果だけでなく、それ以前からもAKBからの“引き際”を考えてはいたのだろう。12日に「わしはいつAKB48を卒業するか?」とのタイトルで更新したブログで、その引き際について言及。そして14日午後9時からニコニコ生放送で行うAKB総選挙の総括番組と、さらに今秋発売予定の自著「AKB48論」をもって、「そこでわしのAKBに関する一切の言論活動は終わる」と宣言した。同書が「わしのAKBに対する思いのすべてであり、結論になる」としている。

 この小林氏の“熱心なファン卒業”宣言に、ネット上では、「よしりん辞めないで!」「指原1位がそんなにショックだったのか」「嘘だと言ってよよしりん!」「醒めたかw」「所詮はビジネスだったんだな」など、様々な声があがっている。
《花》

関連ニュース

特集

page top