伊勢谷友介、「ネット右翼」批判発言で謝罪……「意味を理解しないまま使ってしまった」 | RBB TODAY

伊勢谷友介、「ネット右翼」批判発言で謝罪……「意味を理解しないまま使ってしまった」

エンタメ ブログ

「ネット右翼」批判発言を謝罪した伊勢谷友介
  • 「ネット右翼」批判発言を謝罪した伊勢谷友介
  • 「きちんとした定義と、意味を理解しないまま『ネットウヨク』という言葉を使ってしまった」と伊勢谷
  • 他人への攻撃や誹謗が繰り返されるネットの現状に苦言を呈した伊勢谷友介のFacebook投稿記事
 俳優の伊勢谷友介が、ネット上で他人を攻撃する人を「ネット右翼」という語を用いて自身のSNSで批判し、物議をかもしていた件について、「きちんとした定義と、意味を理解しないまま『ネットウヨク』という言葉を使ってしまった」として謝罪した。

 伊勢谷は16日に自身のTwitterで、「誰かを誹謗したりする事で、自分がネット右翼となっている事を気がつかない人が多い。ネット右翼が社会の足を引っ張る存在になるのだが、自意識がなければ、自分を正義と勘違いしている奴がいる。元を正せば、昔からそんな雑誌も沢山ある。目的の中に生きなければ、自己判断も出来なくなる」とツイート。このツイートはすぐに削除されたが、一部ユーザーが猛反発。伊勢谷がネット上で他人を攻撃する人を“ネット右翼”だと表現したことで、ネット右翼を自称する一部ユーザーを中心に批判的なコメントや、ツイートの真意を問う声などが多数寄せられる事態となっていた。

 また、伊勢谷はその同日にFacebookでも、「互いに足を引っ張りあうマイナスを生む言葉が、誰か特定のツィッター上に意見、もしくは雑言を吐露できるという特性から来ているものだ。システムが悪いのではない。使う側の認識力の甘さから、多くの弊害も同時にあるということ」と、ネット上で誹謗中傷行為が巻き起こる現状について言及。そうしたネット上で他人に攻撃を加える人を“弱者”という言葉で表現し、「弱者は自らのことを『みんな』という言葉であたかも自分が世界の基準だともいうように振る舞う。そしていつの日か、弱者は守られて当然であり、そのうちに守ってくれないことを悪とし、攻撃し出す。そして本人が気がつかないままに、ネット右翼となって行くのだ。ネット社会の、弱者の暴力だ」と、再度“ネット右翼”という語を用いて持論を展開していた。

 こうした自身の一連の発言について伊勢谷は、17日深夜にFacebookに投稿した記事で、「今日はまずはお詫びから」と書き出し、「先日のツィートで、きちんとした定義と、意味を理解しないまま『ネットウヨク』という言葉を使ってしまったことで、僕の意図とは別の、多くの誤解を招いてしまった事をお詫びします」と謝罪。「改めて、ここで言葉の意味を言及することはせず、全く妥当な言葉ではなかったと言うことをはっきりとお伝えしたい」とコメントしている。

 なお、ネット右翼とは近年ネット上に登場したスラングでその意味・定義はあいまいだが、ウィキペディアでは「概略的な意味としては、ネット上の右翼的、保守的、国粋主義的な性向を持つ人々を指し使われる言葉である」とされている。
《花》

関連ニュース

特集

page top