「GATCHAMAN CROWDS」製作発表 舞台は立川、2013年にガッチャマンのテレビ新シリーズ | RBB TODAY

「GATCHAMAN CROWDS」製作発表 舞台は立川、2013年にガッチャマンのテレビ新シリーズ

エンタメ その他

(C)タツノコプロ/ガッチャマンクラウズ製作委員会
  • (C)タツノコプロ/ガッチャマンクラウズ製作委員会
  • 一ノ瀬はじめ(C)タツノコプロ/ガッチャマンクラウズ製作委員会
  • 枇々木 丈(C)タツノコプロ/ガッチャマンクラウズ製作委員会
  • 橘清音(C)タツノコプロ/ガッチャマンクラウズ製作委員会
2013年夏から大きな話題を呼びそうなテレビアニメがスタートすることが明らかになった。7月から日本テレビ系列深夜アニメ枠で、『GATCHAMAN CROWDS』(『ガッチャマンクラウズ』)の放送が開始する。
本作は1972年にスタートしたテレビアニメシリーズ『科学忍者隊ガッチャマン』から新たに誕生する作品だ。完全新作オリジナルアニメとなるとしており、全く新しい物語を提示することになる。30分枠で全12話を予定する。

本作のための集まったスタッフが注目だ。監督は、2007年の『モノノ怪』で一躍脚光を浴びた中村健治さん、『つり球』、『C』、『空中ブランコ』など代表作がある。斬新な映像表現に定評がある。長年親しまれてきた作品、キャラクターをどの様に表現するか注目される。
また、シリーズ構成・脚本は、『つり球』、『スイートプリキュア』の大野敏哉さん、キャラクター原案に新進気鋭のイラストレーターのキナコさん、アニメーションキャラクターデザインに高橋裕一さんを起用した。こちらもこれまでにないものが期待出来そうだ。アニメ制作は従来シリーズでお馴染みのタツノコプロが手がける。

『科学忍者隊ガッチャマン』は、1972年10月にスタートしたタツノコプロのヒーローの代表作だ。3つのテレビシリーズのほか、映画やOVA、さらにキャラクターなどロングセラーで展開されている。その人気は海外でも知られている。「G-Force」の名前で、1980年代から米国をはじめ世界中で放映されてきた。
そんな作品の話題が近年、さらに増えている。2011年に『ZIP!おはよう忍者隊ガッチャマン』がスタート、2013年8月24日には実写映画『ガッチャマン』が全国公開となる。

『GATCHAMAN CROWDS』の舞台は、2015年の日本の第二の首都機能がある東京都立川市との設定だ。人口18万人のこの街を主舞台に、ヒーロー新生の物語が展開するという。実写映画と併せて、『GATCHAMAN CROWDS』が大きな話題を呼びそうだ。

『GATCHAMAN CROWDS』 ガッチャマンクラウズ
2013年7月 TV放送開始
http://www.ntv.co.jp/GATCHAMAN_Crowds/
原作: タツノコプロ
製作: ガッチャマンクラウズ製作委員会

中村健治監督 のメッセージ
「世界は今、2つの新たな局面に差し掛かっています。
1つ目は、有史以来初めて、僕らの心がネットにより可視化された事。
可視化された心が起こす様々な問題や騒動をどう捉えていいか解らず、個人も社会もただただ戸惑っています。
2つ目は、拡大した僕らの世界はあらゆる分野が細かく専門化され、1人の人間ではその全容を理解する事が不可能になっている事。
それでも僕らは、1人の優秀なリーダーが全てを抱えてくれると盲信しています。
この2つの事象は偶然なのでしょうか?
可視化された僕らの心は、何か良い事にも使えるのではないでしょうか?
その事を考え、『GATCHAMAN CROWDS』という作品を描きたいと思います。」

監督: 中村健治
シリーズ構成・脚本: 大野敏哉
キャラクター原案: キナコ
アニメーションキャラクターデザイン: 高橋裕一
メインスーツデザイン: 中北晃二
アニメーション制作: タツノコプロ



[作品の舞台]
生命体が持つ精神性特異能力が実体化した物体「NOTE」を力の源とする特殊な強化スーツを装着して戦う戦士の総称。地球のガッチャマンは評議会から派遣された宇宙人と、潜在能力を見込まれてスカウトされた地球人達で構成されており、評議会の定める保護観察処分に背いて地球に侵入する異星人犯罪者達から地球の資源と人々の生命を守っている。
近年は評議会も正体を把握していない謎の存在「MESS」への対処が主な任務となっている。

[登場人物]

■ 主人公: 一ノ瀬はじめ
11月24日生まれ ?型 16歳 身長155cm
立川市内の高校に通う2年生。
アーティスト気質で、元気で明るく、パワフルでエネルギッシュ。マイワールド全開でつっ走って行ってしまう、良い意味でちょっと変わった子。特に文具が好きで、はさみやペンのフォルムに超萌える。
清音が教育を任されるが、手にはまったく負えず、勝手に行動する。しかし『従来のガッチャマン達の活動では有り得なかった結果』を起こし、メンバーや世界に大きな影響をあたえていく。彼女にとってガッチャマンの活動は、異国の地への「旅」のようなもの。そこで得た刺激は、彼女には小さすぎた「現在の世界」拡張するものだった。

■ 橘清音
8月2日生まれ O型 身長175cm Gチーム暦5年
はじめの影響を受け、今まで考えが及ばなかった事も少し想像できるようになる。
居合い抜きを使う、侍ボーイ。
古風な性格で正義や常識、使命や選ばれた人間の責任を強く感じて生きている。
はじめに対しては、女性に対する免疫が無くただでさえやりにくい相手なのに、様々なルールを気にしない奔放さと理解不能の価値観に翻弄される。
はじめと行動を共にするうちに、徐々に彼女を理解し、共感が信頼、さらには恋心や憧れを抱き始める。

■ 枇々木 丈
3月29日生まれ B型 29歳 身長187cm Gチーム歴10年
虚無感と絶望感を抱えており、人類に限界を感じている。はじめの影響を受け、生来の熱さを取り戻し本気になる。
普段は市役所の「生活安全課」に勤めている。東京大学出身。公務員時はパリッとしたスーツと髪型、眼鏡のハンサム真面目男子で言葉遣いも丁寧。仕事をこなすのが早過ぎる為、午前中にすべての仕事を終え、午後はタバコをふかしていたりする。
定時を越えて働かない記録を更新中。帰りながら、髪型をぐしゃっと戻し、眼鏡をしまい服も着替え、完全に雰囲気を変えてなじみのBARに足を運ぶ。
はじめには少し距離を取りつつも「興味深いお嬢ちゃんだな~」と気に入っている。
後に、はじめの突飛な思いつき等から、合理性や優れた所を感じ取るようになる。
はじめを「お嬢ちゃん」と呼び、自分を「おじさん」と呼ぶ。冷めているが、本当は熱くなりたい男。
《animeanime》

関連ニュース

特集

page top