アイ・オー・データ、11acドラフト対応の無線LANルータ「WN-AC733GR」4月下旬発売 | RBB TODAY

アイ・オー・データ、11acドラフト対応の無線LANルータ「WN-AC733GR」4月下旬発売

IT・デジタル 周辺機器

IEEE 802.11acドラフト対応の無線LANルータ「WN-AC733GR」
  • IEEE 802.11acドラフト対応の無線LANルータ「WN-AC733GR」
  • Gigabit Ethernet対応のLANポート×4とWANポート×1を搭載
  • 「WN-AC867U」
  • 「WN-AC433UK」
 アイ・オー・データ機器は3日、新規格IEEE 802.11acドラフト対応の無線LANルータ「WN-AC733GR」と子機2機種を発表した。ルータの発売は4月下旬、価格は10,600円(税別)。子機は「WN-AC867U」と「WN-AC433UK」で、「WN-AC867U」は4月中旬発売で7,400円(同)、「WN-AC433UK」は5月上旬発売で5,300円(同)。

 「WN-AC733GR」は、5GHz帯で理論値433MbpsのIEEE802.11ac/a/nと2.4GHz帯で理論値300MbpsのIEEE802.11b/g/nの2つの帯域での同時通信が可能な無線LANルータ。CDや専用ツール不要で、ブラウザを起動するだけで自動で回線の判別が完了する。無料アプリでスマートフォンから設定の変更などもでき、PCがなくてもルータのステータス確認や、ECOモードの設定変更などが行える。

 インタフェースは、有線LANポート×4とWANポート×1を搭載。本体サイズは幅109mm×奥行87mm×高さ200mm、重量は約250g。

 「WN-AC867U」と「WN-AC433UK」はともに11acドラフト対応の子機。IEEE802.11ac/a/nとIEEE802.11b/g/nに対応する。「WN-AC867U」は最大867Mbps、「WN-AC433UK」最大433Mbpsの通信速度に対応の無線LAN親機と接続して高速通信を実現する。本体サイズは、「WN-AC867U」が幅32mm×奥行101mm×高さ14.2mm/30g、「WN-AC433UK」が幅16mm×奥行22mm×高さ8mm/4g。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top