ロジテック、次世代無線規格IEEE802.11acにも対応した強力ルーター「LAN-WH600ACGR」 | RBB TODAY

ロジテック、次世代無線規格IEEE802.11acにも対応した強力ルーター「LAN-WH600ACGR」

IT・デジタル 周辺機器

「11ac技術」に対応したブロードバンドルータ「LAN-WH600ACGR」
  • 「11ac技術」に対応したブロードバンドルータ「LAN-WH600ACGR」
  • パッケージ
 ロジテックは15日、理論値で最大600Mbpsの超高速無線通信を実現する無線LAN「11ac技術」に対応したブロードバンドルータ「LAN-WH600ACGR」を発表した。発売は11月下旬、価格は20,500円。

 「LAN-WH600ACGR」は、IEEE802.11a/b/g/nに加えてIEEE802.11acにも対応した無線ルータ。IEEE802.11acとは、従来の11n/a規格からさらに高速化した新しい技術で、従来の11n/a規格で実現している450Mbps(規格値)の約1.3倍となる最大600Mbps(理論値)の無線通信を実現するとされる。11ac技術はIEEE802.11aや11nと同じ電波干渉の少ない5GHz帯を使用するため、さまざまな機器が使用し電波干渉が発生しやすい11n/b/g(2.4GHz帯)に比べて高速通信が可能。テレビや11ac技術対応のPCでハイビジョン映像や音楽を楽しめる。

 「LAN-WH600ACGR」では、11n/a未対応のPCやスマートフォン、ゲーム機などは対応機器の多い11/n/g/bで接続し、11n/aと同時に使用も可能。同社が開発した11ac技術にも対応した超ハイパワーアンテナで、3階建ての家庭や、ルータの周囲に障害物がある環境でも 影響を受けにくくなっている。

 また、スマートフォンやタブレット端末からのWi-Fi接続も、Andorid端末向け、iPhoneなどのiOS向けのWi-Fi接続専用無料アプリ「QRかんたん接続」をダウンロード、インストールして、あとは画面上のボタンのタップとQRコードの読み取りだけで無線LANルータへのWi-Fi接続が完了する。

 インターフェースは、背面にギガビット(1000BASE-T)対応の有線LANポートを4ポート搭載。本体サイズは幅約190mm×高さ210mm×奥行45mm(スタンドは含まず)、重量は580g。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top