スマホ、20代男性の40%強が予備バッテリーを常時携行……シードP調べ | RBB TODAY

スマホ、20代男性の40%強が予備バッテリーを常時携行……シードP調べ

 シード・プランニングは4日、スマートフォン/タブレットユーザーのアクセサリー・周辺機器購入動向調査の結果を発表した。調査時期は2012年12月で、10代~50代以上のスマートフォン/タブレットを所有しているユーザー800名から回答を得た。

エンタープライズ モバイルBIZ
予備バッテリーの常時携行率
  • 予備バッテリーの常時携行率
  • 購入商品トップ5
  • 製品カテゴリー別の購入先トップ3
  • スマートフォン/タブレットの不満点トップ5
 シード・プランニングは4日、スマートフォン/タブレットユーザーのアクセサリー・周辺機器購入動向調査の結果を発表した。調査時期は2012年12月で、10代~50代以上のスマートフォン/タブレットを所有しているユーザー800名から回答を得た。

 本調査では、「カバー/ケース」「画面保護フィルム」「モバイルバッテリー」「USBケーブル」「ACアダプター」「有線イヤフォン/ヘッドフォン/イヤフォンマイク」「Bluetooth対応ヘッドセット/イヤフォン/ヘッドフォン」「スピーカー」「キーボード」「タッチペン」など、20製品カテゴリの購入経験を尋ねた。その結果、9割以上の人がなんらかのアクセサリー/周辺機器を購入していた。

 購入商品のトップ5は、1位「カバー/ケース」(74.1%)、2位「画面保護フィルム」(72.0%)、3位「USBケーブル」(28.0%)、4位「モバイルバッテリー」(25.6%)、5位「SDカード関連」(22.9%)となった。

 また購入先としては、家電量販店での購入が一番多く、次いで、Amazon、楽天市場の順となり、ネットでの購入が目立つ結果となった。ただし購入品目ごとに見ると「画面保護シート」「モバイルバッテリー」などでは、購入先の第3位に「キャリアショップ」が入ってくる。「カバー/ケース」はやはり嗜好が重視されるため、品数の多い量販店で、「画面保護シート」「モバイルバッテリー」はその場で使い始めることが多いため、そのままキャリアショップで、という傾向があるようだ。

 現在使用中のスマートフォン/タブレットの不満点としては、断トツで「バッテリーの持ち時間」(56.3%)、以下「防水機能がない」(18.5%)、「文字入力がやりにくい」(17.0%)などが続く。この結果を受けて「予備バッテリーの常時携行率」を尋ねたところ、20代男性が41.3%と4割を超えた、続いて40代男性が32.5%。女性も20代と40代が18.8%と高めの数字を示したが、男性に比べ全体的に低い数値となった。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top