日立、「日立WANアクセラレータ」に高速リモートバックアップを実現する新モデル追加 | RBB TODAY

日立、「日立WANアクセラレータ」に高速リモートバックアップを実現する新モデル追加

 日立製作所は15日、企業の複数拠点間のデータ通信速度を大幅に向上するネットワーク高速化装置「日立WANアクセラレータ」のラインアップを強化することを発表した。第一弾として、新モデル「日立WANアクセラレータ リモートバックアップモデル」を追加する。

エンタープライズ ハードウェア
「日立WANアクセラレータ リモートバックアップモデル」
  • 「日立WANアクセラレータ リモートバックアップモデル」
  • 価格および出荷時期(国内向けモデル)
  • 大容量データのバックアップ時間の比較
  • 「日立WANアクセラレータ」シリーズの適用領域
 日立製作所は15日、企業の複数拠点間のデータ通信速度を大幅に向上するネットワーク高速化装置「日立WANアクセラレータ」のラインアップを強化することを発表した。第一弾として、新モデル「日立WANアクセラレータ リモートバックアップモデル」を追加する。

 「日立WANアクセラレータ」は、日立の独自アルゴリズムにより、パケット廃棄率やその変化を測定して、WAN(Wide Area Network)回線の空き帯域をリアルタイムに推定しながら、WAN回線に流れるデータ通信量を決定し、WAN回線の物理帯域を最大限に活用できるネットワーク高速化装置だ。2012年1月から、グローバルに事業展開する企業向けに、ハイエンドモデルを販売している。

 新発売の「リモートバックアップモデル」は、TCPセッションあたりの転送性能を従来の300Mbpsから1Gbpsへ向上させることで、未使用時と比較して、1TBのデータ転送時間を約26倍高速化できるモデル。国内外の通信事業者やデータセンター事業者、クラウド事業者など、ビッグデータを扱う事業者向けに、データセンター間の大容量データの高速バックアップ用途で、11月19日から販売を開始する。

 今後、日立は、製品強化の第二弾として、2013年度上期に、10M~100Mbpsの通信帯域を対象にした「オフィスモデル(仮称)」の販売も計画中。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top