ニコン、「スロービュー」機能を搭載したミラーレス一眼デジカメ「Nikon 1 V2」 | RBB TODAY

ニコン、「スロービュー」機能を搭載したミラーレス一眼デジカメ「Nikon 1 V2」

IT・デジタル デジカメ

ニコン、「スロービュー」機能を搭載したミラーレス一眼デジカメ「Nikon 1 V2」
  • ニコン、「スロービュー」機能を搭載したミラーレス一眼デジカメ「Nikon 1 V2」
  • ニコン、「スロービュー」機能を搭載したミラーレス一眼デジカメ「Nikon 1 V2」
 ニコンイメージングジャパンは、ミラーレスのレンズ交換式一眼デジカメ「Nikon 1」シリーズで新たに「Nikon 1 V2」を発表した。販売開始は11月。価格はオープン。

 同社直販サイト価格は、ボディ単体が89,800円、「1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6」付き「Nikon 1 V2 標準ズームレンズキット」が99,800円、「1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6」と「1 NIKKOR 18.5mm f/1.8」付き「Nikon 1 V2 ダブルレンズキット」が117,800円、「1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6」と「1 NIKKOR VR 10-100mm f/4.5-5.6 PD-ZOOM」付き「Nikon 1 V2 ハイパーダブルズームキット」が149,800円。

 「Nikon 1 V2」は、2011年10月発売の「Nikon 1 V1」に続く「Nikon 1 V」シリーズの第2弾。新機能として撮りたい瞬間を切り取れる「スロービュー」機能を搭載。シャッターボタンを半押してピントを合わせている間に被写体の画像の連続して取り込み。取り込んだ画像が電子ビューファインダー(EVF)または背面液晶ディスプレイ上で5倍のスローで繰り返し表示される。

 表示画像の中からベストシーンを見つけたところでシャッターボタンを全押しすると一瞬を切り取ることができる。動きの速い被写体の撮影時に便利だとしている。

 新開発の「スーパーハイスピードAF CMOSセンサー」と画像処理エンジン「EXPEED 3A」を搭載。AF追従で約15コマ/秒の高速連続撮影と、AF固定でフル解像度による約60コマ/秒の高速連続撮影が可能。AFポイント数は135点とした。

 有効画素数は1,425万画素、撮像素子は13.2×8.8mmサイズCMOSセンサーでニコンCXフォーマット、記録メディアはSD/SDHC/SDXCカード、記録形式はJPEG/RAW/JPEG+RAW、フルHD動画撮影機能を備え、動画の記録形式はMOV(H.264/MPEG-4 AVC)、3型液晶ディスプレイと0.47型液晶電子ビューファインダーを搭載、手動ポップアップ式のフラッシュを内蔵する。

 インターフェースはHDMIミニ/USB/3.5mmステレオミニなど。本体カラーはブラック/ホワイトの2色を用意。本体サイズは幅107×高さ81.6×奥行き45.9mm(突起部除く)、重さは約337g(バッテリ/SDカード含む、本体のみ約278g)。付属品はマルチアクセサリーポートカバー/ボディキャップ/リチャージャブルバッテリ(端子カバー付)/バッテリチャージャー/USBケーブル/ストラップなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top