【CES 2016】ニコン、デジカメとスマホを常時接続するアプリ「SnapBridge」発表 | RBB TODAY

【CES 2016】ニコン、デジカメとスマホを常時接続するアプリ「SnapBridge」発表

ブロードバンド その他

新製品のデジタル一眼レフカメラ「ニコン D500」
  • 新製品のデジタル一眼レフカメラ「ニコン D500」
  • 「ニコン」サイト
 ニコンは6日、Bluetoothでデジタルカメラとスマートデバイスとを常時接続するアプリ「SnapBridge」を発表した。Bluetooth low energyにより、消費電力を抑えながらシームレスな接続を可能にしたのが特徴とのこと。

 ニコンは、米ラスベガスで開催される国際家電見本市「CES 2016」において、デジタル一眼レフカメラ「D500」などの新製品を発表。「SnapBridge」は、ニコンが提供する映像体験の新機軸となる位置づけで、「D500」をはじめとする、2016年以降の同社のデジタルカメラのほぼ全機種に対応する。ダウンロード開始日は、今後発表の予定。

 スマートデバイスに「SnapBridge」をインストールし、初回の接続設定を行えば、常時接続が可能になる。1台のカメラに対し、5台までスマートデバイスをペアリング可能。以降は、スマートデバイスから日時・位置情報を取得して、カメラ側の情報を自動的に更新させることができるようになる。また写真をスマートデバイスに自動保存することもできる。スマートデバイスからのリモート撮影も可能。そのほか、著作権情報や撮影情報、コメント、ロゴなどから、2点までを選んで写真に付加できる。

 さらに会員サービス「Nikon ID」に登録すると、2メガピクセル相当の写真であれば、「SnapBridge」からニコンのフォトストレージサービス「NIKON IMAGE SPACE」に枚数無制限で自動アップロードすることが可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top