キヤノン、高速に動く被写体ブレずにとらえるCMOSセンサーを開発 | RBB TODAY

キヤノン、高速に動く被写体ブレずにとらえるCMOSセンサーを開発

IT・デジタル ハードウェア

従来のCMOSセンサーは信号の読み出しで時間差が発生し、画像の歪みや明るさが異なる問題があった。新CMOSセンサーでは高速回転するプロペラなどの被写体でも正確な形状を撮像することが可能となる(画像はプレスリリースより)
  • 従来のCMOSセンサーは信号の読み出しで時間差が発生し、画像の歪みや明るさが異なる問題があった。新CMOSセンサーでは高速回転するプロペラなどの被写体でも正確な形状を撮像することが可能となる(画像はプレスリリースより)
 キヤノンは、グローバルシャッター機能を搭載したCMOSセンサーを新開発したことを発表した。

 新たな駆動方式による飽和信号量の拡大と大幅なノイズ低減により、広いダイナミックレンジを実現しており、輝度差が大きい場合でも、高画質、高精細な映像撮影を可能としている。

 一般的なCMOSセンサーでは画素行ごとに順次露光を行うローリングシャッター方式が採用されているため、高速に動く被写体が歪んで撮影されることがあった。しかし、新開発のCMOSセンサーは全画素を同時に露光するグローバルシャッター機能を搭載しているため、歪まずに正確な形状を撮影することが可能となっている。

 同時に光を電気信号に変換してメモリーに蓄積する際に新たな駆動方式を採用しており、各画素内の配置最適化とあわせて、高感度化とノイズの低減を実現している。

 同社では産業用や計測用分野をはじめ、映像制作機器などでの展開を予定している。

>>Amazonギフト券10,000円分が当たる!「ホームセキュリティアワード」投票受付中<<
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top