再起を図る小林幸子、インディース発売の新曲が好発進! 演歌部門で7年8ヵ月ぶりTOP3入り | RBB TODAY

再起を図る小林幸子、インディース発売の新曲が好発進! 演歌部門で7年8ヵ月ぶりTOP3入り

エンタメ 音楽

新曲の売り上げが好調の小林幸子
  • 新曲の売り上げが好調の小林幸子
  • 10月17日発売の新曲「茨の木」
 インディーズの自主レーベルから再出発を果たした演歌歌手・小林幸子の17日発売の新曲「茨の木」が発売初週で1890枚を売り上げ、10月29日付けオリコン週間シングルランキングで初登場38位を獲得。演歌・歌謡部門では7年8ヵ月ぶりにTOP3入りを果たした。

 長年のビジネスパートナーであった幸子プロモーションの女性社長および専務を解雇した一件以来、何かとゴタゴタが続いている小林に、久しぶりとなる“追い風”が吹いた。演歌・歌謡部門でのTOP3入りは、2005年2月発売の「越後絶唱」で3位にランクインして以来7年8ヵ月ぶり。総合ランキングでのTOP50入りも久々で、同じくが「越後絶唱」が50位を獲得して以来7年7ヵ月ぶりとなった。また、インディーズ部門ではFANATIC◇CRISISの元ボーカル・石月努「I.S./銀ノ雨。」を抑え1位を獲得。部門別1位は、1998年10月に映画「劇場版ポケットモンスターミュウツーの逆襲」のエンディングテーマに起用された「風といっしょに」(1998年9月発売)がシングル演歌部門1位となって以来、実に14年ぶりの快挙となった。

 「茨の木」は、“さだ兄(にい)”と慕うシンガーソングライターのさだまさしが作詞・作曲を手掛けた楽曲で、小林のデビュー50周年記念第1弾にあたる記念シングル。カップリングには、小林がさだの楽曲の中でも大好きな1曲だという「道(はないちもんめ)」(1987年11月発売)のカバーを収録する。
《花》

関連ニュース

特集

page top