“インディーズの歌姫”小南泰葉がメジャーデビュー、PVも超個性的 | RBB TODAY

“インディーズの歌姫”小南泰葉がメジャーデビュー、PVも超個性的

エンタメ 音楽

PVも超個性的、小南泰葉がメジャーデビュー
  • PVも超個性的、小南泰葉がメジャーデビュー
  • PVの1シーン
 インディーズシングルで注目を集めた超個性派女性シンガー、小南泰葉の新曲「嘘憑きとサルヴァドール」のビデオクリップが公開された。シンガー同様個性的な映像だ。

 「嘘憑きとサルヴァドール」は、小南泰葉のデビューミニアルバム「嘘憑キズム」のリードトラックとなるもので、あえてCGは使わず、実際に50人の口や手が、小南泰葉を背後から襲うという、まさに“とり憑かれそうな”コダワリの映像となっている。

 5月23日にリリースされるデビューアルバム「嘘憑キズム」では、森俊之、西川進、羽毛田丈史、ハジメタル、楢原英介といった5人のサウンドプロデューサーが参加。歌詞に特徴がある小南らしいエッジのきいた作品タイトルそして楽曲名が並んでおり、内容の方も前作同様、攻撃的なロックナンバーから、バラード、アコースティック曲、ギター2本の弾き語りまで、幅の広いライブ活動を展開している小南泰葉をそのままCDにしたような内容になっている。

《関口賢》

関連ニュース

特集

page top