T-BOLAN13年ぶりの再結成、4人のメンバーの“今”が公開 | RBB TODAY

T-BOLAN13年ぶりの再結成、4人のメンバーの“今”が公開

 90年代の“ビーイングブーム”を牽引、「刹那さを消せやしない」などのヒット曲があるT-BOLANのメンバーが13年ぶりの再集結、ツアーのためのリハーサルで4人が姿を現した。

エンタメ 音楽
リハーサルに姿を現したT-BOLAN4人のメンバー。99年の活動休止以来13年ぶりとなる
  • リハーサルに姿を現したT-BOLAN4人のメンバー。99年の活動休止以来13年ぶりとなる
  • リハーサル風景
  • ツアーではT-BOLANのほか、DEEN、FIELD OF VIEWなども共演する
 90年代の“ビーイングブーム”を牽引、「刹那さを消せやしない」などのヒット曲があるT-BOLANのメンバーが13年ぶりの再集結、ツアーのためのリハーサルを行った。

 6月に再結成を発表したT-BOLAN。10月4日からスタートする「“BEING LEGEND”Live Tour 2012」を前に、オリジナルメンバー4人全員が揃って都内のスタジオに姿を現した。

 T-BOLANメンバーが揃って姿を見せたのは、1999年の解散以来。リハーサルでは、ツアーで披露される予定の「離したくはない」「Bye For Now」をはじめとした、1990年代に発表した多くのヒット曲を演奏。今回のツアーは、ボーカルの森友嵐士にドクターストップがかかるなか敢行した1995年3月26日の大阪厚生年金会館大ホール公演以来のライブということもあり、メンバーそれぞれに気合の入った姿を見せた。

 リハーサルでは、ボーカルの森友嵐士が心因性発声障害により歌えなくなってから、再び声を取り戻すまでの苦労や、メンバー五味孝がスタジオに誘ったことをきっかけに、1年かけて「上を向いて歩こう」を歌えるようになるまでの経緯、ソロとして復活前の森友が全国で50本のサプライズライブを行っていたこと、1年前にT-BOLAN再結成を決意した“4人でスタジオにこもった3日間”などが明かされた。

 ボーカルの森友嵐士は、「4人で楽器を持って集まったときに改めて感じたのが、“4人であることの意味”。いまは、ツアーを楽しみたいというのが一番。4人の中にいる自分を実感したいし、ファンのみんなにも見てほしい」とコメント。T-BOLANのパワフルな演奏がまた戻ってくる。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top