2012年の国内サーバー市場、 前年比成長率マイナス9.9%……今後もマイナス予測続く | RBB TODAY

2012年の国内サーバー市場、 前年比成長率マイナス9.9%……今後もマイナス予測続く

エンタープライズ ハードウェア

国内サーバー市場予測: 2007年~2016年
  • 国内サーバー市場予測: 2007年~2016年
 IDC Japanは29日、2012年~2016年の国内サーバー市場予測を発表した。これによると、2012年の国内サーバー市場規模は4,226億円で、2011年から9.9%縮小する見込みだ。また、2011年~2016年の年間平均成長率はマイナス3.5%と予測された。

 2011年の国内サーバー市場は、富士通の「京」が貢献し、2001年以降では初めてのプラス成長(前年比4.1%増)となった。ただし、「京」効果を除外した場合は、前年比4.4%減となっており、実質的には市場の縮小傾向は継続している。

 製品分野別では、x86サーバーが前年に続きプラス成長で、ITサービスと通信業向けの出荷が好調。IA64サーバーとビジネスサーバーは、前年から小幅な減少にとどまった。しかし、メインフレームは、2009年から3年連続で、二桁のマイナス成長。さらに2012年は「京」の反動があり、2011年から9.9%の縮小が予測された。2012年のx86サーバーの出荷額は、前年比2.2%減と予測された。

 2012年~2016年の国内サーバー市場は、年間平均成長率がマイナス3.5%と、小幅な市場縮小に収まる見込み。2016年の市場規模は、3,918億円になると予測された。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top