パナソニック、広角から中望遠まで全域でF2.8のマイクロ一眼「LUMIX G」用大口径レンズ | RBB TODAY

パナソニック、広角から中望遠まで全域でF2.8のマイクロ一眼「LUMIX G」用大口径レンズ

IT・デジタル デジカメ

「H-HS12035」
  • 「H-HS12035」
  • レンズ構成図
 パナソニックは21日、レンズ交換式一眼デジカメ「LUMIX G」シリーズ用交換レンズ「H-HS12035」を発表した。販売開始は6月21日。希望小売価格は124,950円。

 同製品は、マイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼デジカメ「LUMIX G」シリーズ用交換レンズで、35mm判換算24~70mmの標準ズーム。ズーム全域でF2.8の明るさを確保したマイクロフォーサーズ規格レンズとして初をうたう(同社調べ5月21日現在)。また、「LUMIX」レンズで初めて防塵・防滴構造を採用した。

 「X」レンズを採用し、UED(特殊超低分散レンズ)1枚、UHR(超高屈折率レンズ)1枚、非球面レンズ4枚を搭載した9群14枚のレンズ構成。これらを最適に配置することで倍率色収差や球面収差などを補正。さらに、低反射率のナノサーフェスコーティングを施すことでフレアーやゴーストを低減し、鮮明な高画質撮影を可能とした。

 手振れ補正機能「POWER O.I.S.」を搭載。フィルター径は58mm。本体サイズは径67.6×長さ73.8mm、重さは約305g。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top