監視カメラはますます高画質に!タムロンが対応レンズ | RBB TODAY

監視カメラはますます高画質に!タムロンが対応レンズ

IT・デジタル セキュリティ

監視カメラの高画質化に応える製品で、可視域だけでなく近赤外域もメガピクセルの画質を実現する。イメージセンサーは大型の1/1.8型だけでなく、1/2型、1/3型にも対応が可能(画像はプレスリリースより)
  • 監視カメラの高画質化に応える製品で、可視域だけでなく近赤外域もメガピクセルの画質を実現する。イメージセンサーは大型の1/1.8型だけでなく、1/2型、1/3型にも対応が可能(画像はプレスリリースより)
  • 「M118VP1250IR」の主な仕様。CSマウントで、焦点距離は、12~50mm、可視光域~近赤外域に対応しているので昼夜を問わない映像監視が行える(画像はプレスリリースより)
 タムロンは9日、5メガピクセル近赤外対応バリフォーカルレンズ「M118VP1250IR」を19日から発売することを発表した。

 ネットワークカメラなどセキュリティ市場向けの製品では、高解像度・高画質への需要が高まっており、中でも都市部の映像監視では、1台の高解像度カメラで、広角撮影を行い、必要に応じて拡大するといった使い方も増えつつある。

 そうした高解像度ネットワークカメラの画質に影響してくるのが、高画質対応のレンズになってくるワケだが、同製品はフルHD以上のシステムなどに対応できる仕様となっている。

 また、1/1.8型の大型イメージセンサー対応、焦点距離12-50mm、近赤外対応により昼夜監視に対応。アイリスコントロールはF/1.4のPアイリスタイプで、ステッピングモーターによる正確な制御を可能としている。

 価格はオープン。

>>Amazonギフト券10,000円分が当たる!「ホームセキュリティアワード」投票受付中<<
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top