【MWC 2012(Vol.4)】富士通、世界初のスマホ向けクアッドコアCPU「NVIDIA Tegra 3」搭載端末を出展 | RBB TODAY

【MWC 2012(Vol.4)】富士通、世界初のスマホ向けクアッドコアCPU「NVIDIA Tegra 3」搭載端末を出展

 富士通は22日、大容量のリッチコンテンツの処理に対応したハイスペックスマートフォンのサンプル機を、27日からスペイン・バルセロナで開催されるMWC 2012に出展すると発表した。

IT・デジタル スマートフォン
サンプル機のイメージ
  • サンプル機のイメージ
  • 「Tegra 3」
  • MWC2012会場富士通ブースへのマップ
 富士通は22日、大容量のリッチコンテンツの処理に対応したハイスペックスマートフォンのサンプル機を、27日からスペイン・バルセロナで開催されるMWC 2012に出展すると発表した。

 サンプル機はNVIDIA社製でスマートフォン向けでは世界初となるクアッドコアCPU「Tegra 3」(最大1.5GHz)を搭載。同CPUは電力の消費を抑える第5のコアとして「コンパニオンコア」を備え、高いパフォーマンスと電力消費の低減を両立したという。

 そのほかの特徴としては、OSはAndroid 4.0搭載。液晶サイズは4.6インチ。カメラ画素数は1,310万画素。最新の防水・防塵技術や、指紋センサーを採用している。

 なお、MWC 2012ではほかにも同社のスマートフォンに搭載されている独自技術について、展示とデモンストレーションも行なう見込みとなっている。
《丸田》

関連ニュース

特集

page top