ロンドン、ハイドパークでのコンサートが開催危機 | RBB TODAY

ロンドン、ハイドパークでのコンサートが開催危機

エンタメ 音楽
ザ・ローリング・ストーンズ
  • ザ・ローリング・ストーンズ
 1969年にザ・ローリング・ストーンズが大規模な野外コンサートを行なったり、近年では毎年夏にハードロック・コーリング・フェスティバルが開催されていることでも有名なロンドンのハイドパークでのコンサート開催が、地元ナイツブリッジ、ベルグラヴィアの住民から騒音に対する苦情を受け危ぶまれている。

 ウェストミンスター地区の委員会は17日(金)に会合を開き、毎年行なわれているコンサートの数を減らし、主催者には音量を下げることと、観客数を減らすことを指示するかどうかについて検討するという。
2011年には住民から、過去の2倍の数字に当たる109件の苦情が寄せられていた。

 地元当局は年間を通じて行なわれるコンサート数を現行の13から6に、騒音のレベルを75デシベルから73デシベルに、そして観客数を8万から5万にすることを求めている。

 ウェストミンスター地区の議員ブライアン・コンネル氏は「議会が大規模イベントを許可するには、地元住民、コンサート参加者、そしてコンサートの主催者という、これに関わる全ての人々のことを考慮する必要があります」「金曜日の議会では、決定を下すため全ての意見を取り入れるつもりです」とコメントしている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top