1億回再生突破のAKB48「ヘビロテ」、蜷川実花監督が撮影裏話明かす | RBB TODAY

1億回再生突破のAKB48「ヘビロテ」、蜷川実花監督が撮影裏話明かす

エンタメ 音楽

「ヘビーローテーション」ジャケット
  • 「ヘビーローテーション」ジャケット
  • 大島優子
 AKB48の代表曲「ヘビーローテーション」のミュージックビデオが、YouTubeでの再生回数が1億回を突破したことを受け、同MVを監督した写真家で映画監督の蜷川実花さんが、自身のブログで撮影中の裏話を披露している。

 同MVの再生回数が1億回を突破した23日には、Twitterで「やった!」「1億回って、、(^O^)凄すぎるよね!」と喜びのツイートを発した蜷川さん。翌24日に更新したブログでも、「いやーすごい!AKB48のヘビーローテーションYouTubeで1億回view突破だって」と改めてコメントし、「ヘビーローテーションPVを監督させてもらった時は、まさかこんなに見てもらえるなんて思ってもいなかったなぁ」と、現場はバタバタだったという撮影当時に思いを馳せた。

 「私のやりたいことが多すぎてスタッフがほんと大変そうで、、、でもメンバーもスタッフも大変ながらも楽しく作ったのが印象的」とその当時の様子を振り返った蜷川さん。同楽曲でセンターを務めた大島優子のキスショットなど、撮影当時のオフショットを公開するとともに、「ほっとくとみんなすぐ寝ちゃうんだよね、なのであのPVの中の寝てるシーンはみんなほんとに寝てます」と裏話も披露。「男子不在の女子校のような女の子の世界を描きたいなあと思って作ったんですが、こんなに見てもらえるとは、、、」と感慨深げに振り返り、「私にとって本当に大事な作品になりました!ありがとうございます」と感謝の言葉をつづっている。
《花》

関連ニュース

特集

page top