パナソニック、さらに高出力化を実現した住宅用太陽光発電システムを発表 | RBB TODAY

パナソニック、さらに高出力化を実現した住宅用太陽光発電システムを発表

 パナソニック エコソリューションズ社は30日、住宅用太陽光発電システムのHITシリーズを拡充し、従来シリーズ(HIT230)よりさらに高出力化を実現した「パナソニック 住宅用太陽光発電システムHIT240/233シリーズ」を発表した。3月8日より受注を開始する。

エンタープライズ ハードウェア
HIT240/233シリーズ
  • HIT240/233シリーズ
  • 仕様
  • ウォータードレインコーナー(HIT240/233シリーズ共通)
  • HIT太陽電池の特徴
  • エネルギーモニタ:「ワイヤレス(7型)」は「エコ育」コンテンツなど機能を充実
 パナソニック エコソリューションズ社は30日、住宅用太陽光発電システムのHITシリーズを拡充し、従来シリーズ(HIT230)よりさらに高出力化を実現した「パナソニック 住宅用太陽光発電システムHIT240/233シリーズ」を発表した。3月8日より受注を開始する。

 「HIT240/233シリーズ」では、薄膜アモルファスシリコンと単結晶シリコンウエハの接合技術の改善により、HIT太陽電池セルをさらに最適化。また、「HITシリーズ」独自のハイブリッド構造により、夏場の高温時にも出力低下を抑えることができる。「HIT240シリーズ」は、従来モジュールと同じ面積で、240Wの最大出力を実現。限られた面積で高い発電量を得ることを可能とした。フレーム部分に砂塵などが流れやすい「ウォータードレインコーナー」形状を採用したことで、汚れ防止性能も向上させた。廉価な「HIT233シリーズ」も用意し品揃えを強化する。

 そのほか、屋根の複数面設置に適したマルチストリング型の「パワーコンディショナ」(4.0/5.5kWタイプ)も新発売する。そして、高効率で新デザインの集中型「2.7/4.0kWタイプ」も新発売。 「2.7kWタイプ」は直流/交流電力の変換効率95.5%を達成した。デザインは、住宅分電盤「コンパクト21」と統一した。「エネルギーモニタ」も一新し、ビエラ(デジタルテレビ)やスマートフォンにもつながる「モニタリングアダプタ」も発売する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top