富士フイルム、専用メガネなしで3D映像が視聴できるデジタルフォトフレーム | RBB TODAY

富士フイルム、専用メガネなしで3D映像が視聴できるデジタルフォトフレーム

IT・デジタル 周辺機器

FinePix REAL 3D V3
  • FinePix REAL 3D V3
  • FinePix REAL 3D V3
 富士フイルムは1日、専用メガネなしで3D映像が楽しめるデジタルフォトフレーム「FinePix REAL 3D V3」を発表した。販売開始は11月12日。価格はオープンで、予想実売価格は50,000円前後。

 同製品は3D対応に対応した7.2型液晶を搭載したデジタルフォトフレーム。同社の3Dデジタルカメラ「FinePix REAL 3D W3」など、3D対応機器とHDMI接続することで、裸眼でも3Dの立体視で映像が視聴できる。

 バックライトに省電力性の高いLEDを搭載し、3D表示にはレンチキュラーレンズ方式を採用。2010年8月発売の前モデル「FinePix REAL 3D V1」よりも明るさが1.4倍まで向上した。液晶解像度は800×600ピクセル。2D表示時の視野角は上下140度、左右160度。デジタル一眼レフカメラなどで撮影した最大10,000×10,000ピクセルまでの写真も認識し、ディスプレイに表示できる。

 アスペクト比は4:3。輝度は約340cd/m2。対応ファイルは静止画がJPEG/MPOマルチピクチャー、動画がAVI(Motion JPEG)。内蔵メモリは512MB。SD/SDHCメモリカードを搭載し、ステレオスピーカを内蔵。本体サイズは幅188.8×高さ153.5×奥行き28.2mm、重さ約415g。
《丸田》

関連ニュース

特集

page top