テレビやBDレコーダーなどの9月期国内出荷は2011年で最も低い水準……JEITA調べ | RBB TODAY

テレビやBDレコーダーなどの9月期国内出荷は2011年で最も低い水準……JEITA調べ

IT・デジタル テレビ

「過去1年の民生電子機器国内出荷金額の推移/グラフ」(JEITA調べ)
  • 「過去1年の民生電子機器国内出荷金額の推移/グラフ」(JEITA調べ)
  • 「過去1年の民生電子機器国内出荷金額の推移/表」(JEITA調べ)
  • 「薄型テレビ・DVD-ビデオ・BDレコーダー/プレーヤーの過去1年の国内出荷金額の推移/表」(JEITA調べ)
 電子情報技術産業協会(JEITA)は、9月の「民生電子機器国内出荷実績」を調査・発表した。映像/音声/カーAVC機器の全体で出荷金額/前年比は1,923億円/58%となり、2ヵ月連続で前年比マイナスに終わった。

 出荷金額/前年比を製品分野別にみると、映像機器は1,266億円/49.4%で2ヶ月連続マイナス、音声機器は87億円/70%で9ヶ月連続マイナス、カーAVC機器では571億円/90.1%で12ヶ月連続マイナス。前年比のマイナス幅は2011年で最も大きくなっている。

 出荷台数/前年比を製品の主要品目別にみると、薄型テレビは1,138千台/52.1%で、前年比からは半減しているものの、エコポイント制度導入以前の2008年同月実績との比較では約1.3倍のプラス水準となっている。薄型テレビの内訳として、機能別では3D対応モデルは85千台(前年の比較データなし)、インターネット動画対応モデルは606千台/44.5%。

 サイズ別では、29型以下が401千台/59.6%、30~36型が488千台/58.6%、37型以上が250千台/36.7%。サイズ別構成比は、29型以下が35.2%、30~36型が42.9%、37型以上が21.9%であった。

 Blu-rayディスク(BD)レコーダー/プレーヤーは358千台/82.3%。その内訳として、レコーダーは332千台/81%、プレーヤーは26千台/103%、3D対応モデルは295千台でBDレコーダー/プレーヤー全体に占める割合は82.4%となった。

 DVDビデオは125千台/72%。その内訳として、録再機が50千台/61.6%、再生機が76千台/81.1%。ビデオ一体型カメラは276千台/115.5%で2ヵ月連続プラスとなった。

 ステレオセットは57千台/111.3%で2ヵ月ぶりに1割増のプラスに転じ、スピーカシステムは34千台/83.2%で2ヵ月連続でマイナス成長となっている。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top