Razer、10スピーカー搭載のサラウンド対応モデルなどゲーミングヘッドセット2製品 | RBB TODAY

Razer、10スピーカー搭載のサラウンド対応モデルなどゲーミングヘッドセット2製品

IT・デジタル その他

「Razer Tiamat 7.1サラウンドサウンドゲームヘッドセット」
  • 「Razer Tiamat 7.1サラウンドサウンドゲームヘッドセット」
  • 斜め
  • 側面
  • 正面
  • コントロールユニット
  • イヤーパッド内に5個(左右計10個)のスピーカーを搭載するイメージ
  • 「Razer Tiamat 2.2ステレオゲーミングヘッドセット」
  • 側面
 ゲーミングブランドのRazerは、10個のサウンドユニットを搭載した「Razer Tiamat 7.1サラウンドサウンドゲームヘッドセット」と同4個の「Razer Tiamat 2.2ステレオゲーミングヘッドセット」の2製品を発表した。販売開始は2011年第4四半期。

 日本円での価格は未定で、目安として、「Razer Tiamat 7.1サラウンドサウンドゲームヘッドセット」は179.99米ドル/179.99ユーロ、「Razer Tiamat 2.2ステレオゲーミングヘッドセット」は99.99米ドル/99.99ユーロ。

■「Razer Tiamat 7.1サラウンドサウンドゲームヘッドセット」

 耳を覆うイヤーパッドに世界初として10個のサウンドユニットを搭載したヘッドセット。肩耳に30mmセンター/30mmフロント/20mmサラウンド/20mmサラウンドバック/40mmサブウーハーの計5個、両耳で合計10個のスピーカー構成となる。

 三次元サラウンドサウンドを生成し、360度の方位に対応するとしている。また、コントロールユニットは、すべてのオーディオチャンネルの音量と位置に加え、低音の深さも微調整が可能。ユニット接続中は、ボタンを押すことで、ヘッドセットを7.1サラウンドサウンドか2.0ステレオサウンドに、あるいは外部スピーカーへと切り替えることができる。

 格納可能な単一指向性のノイズキャンセリングマイクを搭載。イヤーカップと合成皮革製のイヤークッションは交換可能。ケーブルは布ファイバーとした。

■「Razer Tiamat 2.2ステレオゲーミングヘッドセット」

 左右各1個の低音用バススピーカーユニットを含み、肩耳に計2個、両耳で計4個のスピーカー構成となるモデル。ゲームプレイに最適化されたポジショナルオーディオを採用し、単一指向性のノイズキャンセリングマイクと、インラインリモートコントローラを搭載。イヤークッションはソフトタッチな合皮革製で交換可能。ケーブルは布ファイバーとした。

《加藤》

関連ニュース

特集

page top