ソニー、約84時間の長時間連続駆動モデルなどステレオICレコーダーを2機種 | RBB TODAY

ソニー、約84時間の長時間連続駆動モデルなどステレオICレコーダーを2機種

IT・デジタル その他

「ICD-AX412F」の内蔵スタンド
  • 「ICD-AX412F」の内蔵スタンド
  • 「ICD-AX412F」シルバー
  • 「ICD-AX412F」ピンク
  • 「ICD-BX312」
 ソニーは24日、従来品比約130%の長時間連続駆動を可能としたステレオICレコーダー2機種を発表。2月21日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は、約84時間連続駆動の「ICD-AX412F」が10,000円前後、同約72時間の「ICD-BX312」が6,000円前後。

 ソニーストアでも取り扱い、また、銀座・ソニーショールーム、ソニーストア名古屋、ソニーストア大阪にて1月25日から先行展示を行なう。

 「ICD-AX412F」がステレオマイク、「ICD-BX312」がモノラルマイクモデル。本体のシステムLSIを省電力化したことで、連続駆動時間を従来品比で約130%向上した。バッテリは単4形乾電池×2で、連続駆動時間はICD-AX412Fが約84時間、ICD-BX312が約72時間とし、ICD-AX412Fの連続駆動時間は、単4形乾電池で駆動するICレコーダーとして2011年1月現在、業界最長クラスをうたう(同社調べ)。

 また、ICD-AX412Fは、高感度化・低ノイズ化を図った内蔵マイク・システムのSマイク・システムを搭載。広い会場での講演会や聞きとりづらい会議など、遠くの音や小さな音でも、聞きやすい自然な音で録音が行なえるという。加えてFMラジオチューナーを搭載した。接地面を少なくし、振動ノイズ低減するスタンドを内蔵する。

 さらに、両製品の特長として、音声再生時のノイズを大幅に低減する強力ノイズカット機能を装備。2GBの内蔵メモリのほか、外部メディアとしてMS micro(M2)/microSD/microSDHCカードに対応。「会議」「ボイスメモ」「インタビュー」「おけいこ」「オーディオ入力」の5つのモードからシーンに適した録音設定が行なえる「シーンセレクト」や、頭出しマークを付けられる「トラックマーク」などの機能を装備する。

 スピーカー径は28mmで実用最大出力は300mW。録音/再生対応フォーマットはMP3。インターフェースはUSB/マイク/ヘッドホン。ICD-AX412Fは充電池(別売)の使用でUSB充電に対応。

 ICD-AX412Fは、本体カラーがシルバー/ピンクの2色。本体サイズが幅45×高さ115×奥行き22mm、重さが約87g(乾電池含む)。付属品はステレオヘッドホン/単一指向性マイク(モノラル)/単4形アルカリ乾電池×2/USB接続ケーブル/キャリングケース/モノラル変換アダプター)など。

 ICD-BX312は、本体サイズが幅37.5×高さ114×奥行き20.9mm、重さが約74g(乾電池含む)。付属品は単4形アルカリ乾電池×2など。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top