レノボ、インテル最新Xeonプロセッサー搭載可能「ThinkStation E30」 | RBB TODAY

レノボ、インテル最新Xeonプロセッサー搭載可能「ThinkStation E30」

 レノボ・ジャパンは、エントリーレベルのワークステーション「ThinkStation Eシリーズ」で新たに、インテルの最新Xeonプロセッサーを搭載可能な「ThinkStation E30」を販売開始した。

IT・デジタル デスクトップPC
「ThinkStation E30」前面/側面
  • 「ThinkStation E30」前面/側面
  • 正面/背面
  • 筺体上部のハンドル
 レノボ・ジャパンは、エントリーレベルのワークステーション「ThinkStation Eシリーズ」で新たに、インテルの最新Xeonプロセッサーを搭載可能な「ThinkStation E30」を販売開始した。

 仕様違いで6機種をラインアップし、同社直販価格は上位機種から「782425J」が256,200円、「782422J」が216,300円、「782411J」が137,550円、「782413J」が124,950円、「782419J」が109,200円、「782414J」が92,400円。

 「ThinkStation E30」は、マルチディスプレイに対応したシリーズ。2コアのCore i3-2100(3.1GHz)を搭載する最安機種「782414J」を除き、インテルの最新Xeonプロセッサーで4コアのE3-1235/1240/1275/1280プロセッサーを採用。さらに、上位3機種の「782425J」「782422J」「782411J」では、専用グラフィックスとしてNVIDIAの「Quadroシリーズ」を装備した。

 筺体上部には、持ち運びやすいように人間工学に基づく設計のハンドルを設置。設計上、ツールレスにした HDD/ODDのケージやグラフィックス・カード・スロットは簡単にアップグレードできるという。

 上位機種から仕様として、「782425J」はXeon E3-1280(3.5GHz)/160GB SSD/NVIDIA Quadro 2000(専用メモリ1GB)。「782422J」は「782425J」と同様でストレージが250GB HDD。「782422J」はXeon E3-1240(3.3GHz)/250GB HDD/NVIDIA Quadro 600(専用メモリ1GB)。

 「782411J」はXeon E3-1275(3.4GHz)/250GB HDD/CPU内蔵グラフィックス P3000。「782413J」はXeon E3-1235(3.2GHz)/250GB HDD/CPU内蔵グラフィックス P3000。「782419J」はCore i3-2100(3.1GHz)/250GB HDD/CPU内蔵グラフィックス 2000。

 共通仕様は、Windows 7 Professional 64ビット版(SP1)/4GBメモリ(最大32GB)/有線LAN(10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T)。インターフェースはUSB2.0×8/ミニD-sub15ピン/Display Port/マイク/ヘッドホンなど。本体サイズは幅175×高さ42.6×奥行き431mm、重さは11.2kg。付属品はUSBフルキーボード/USBマウスなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top