富士通、OSSクラウド環境の構築・運用支援サービス6種を提供開始…約2週間でクラウド構築 | RBB TODAY

富士通、OSSクラウド環境の構築・運用支援サービス6種を提供開始…約2週間でクラウド構築

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

OSSクラウドシステムの全体像
  • OSSクラウドシステムの全体像
  • 提供価格、およびサービス開始時期
 富士通は22日、オープンソースソフトウェア(OSS)を活用したクラウド環境(OSSクラウド)の構築・運用を支援するサービス6種の販売を開始した。

 構築サービスとして「OSSクラウド基盤構築サービス」「OSSクラウドテンプレート構築サービス」「OSSクラウドシステム構築サービス」、運用支援サービスとして「OSSクラウド基盤運用支援サービス」「OSSクラウドテンプレート運用支援サービス」「OSSクラウドシステム運用支援サービス」を提供する。

 OSSでプライベートクラウド環境を構築・運用する企業や団体、OSSでクラウドサービスを提供する事業者が対象。ハードウェアとOSSの適切な組み合わせを事前に検証したテンプレートを活用し、最短2週間程度と、短期間で効率よくOSSクラウドを構築できるのが特徴となっている。また、富士通のクラウドサービス「オンデマンド仮想システムサービス」上にも同テンプレートを展開することで、OSSクラウド環境を「オンデマンド仮想システムサービス」上にも構築できる。

 具体的には、PCサーバ「PRIMERGY」、ストレージシステム「ETERNUS」などのハードウェアとOSSの組み合わせを事前に検証したOSSクラウド基盤、およびOSSクラウドテンプレート18種を整備。18種のOSSクラウドテンプレートには、ApacheやTomcatなどのミドルウェア、JavaやPHP、Rubyなどのアプリケーション開発・実行基盤のPaaS層のテンプレートも用意されているとのこと。これらをもとに6種のサービスを提供する。運用支援サービスでは、OSSとプラットフォームを熟知した技術サポート要員がワンストップでサポートする。今後3年間で300システムの販売を目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top