LG、軽量3Dグラスを付属した偏光方式3D対応の23型液晶 | RBB TODAY

LG、軽量3Dグラスを付属した偏光方式3D対応の23型液晶

IT・デジタル 周辺機器

「D2342P-PN」
  • 「D2342P-PN」
  • 付属の軽量3Dグラス(左:標準タイプ/右:クリップオンタイプ)
  • 「2D→3D変換」機能のイメージ
  • 「3D深度調整」機能のイメージ
 LGエレクトロニクス・ジャパンは、8gの軽量3Dグラスと3Dソフトを付属した偏光方式3D対応の23型フルHD液晶ディスプレイ「D2342P-PN」を発表した。販売開始は4月下旬。価格はオープンで、予想実売価格は29,800円前後。

 「D2342P-PN」は、偏光方式を採用したことで従来のグラスの開閉がなく、3D再生時に生じるフリッカー(ちらつき)やクロストーク(映像の重なりやぼけ)を低減。世界的な第三者試験認証機関であるテュフ・ラインランドより「フリッカーフリー」の3Dディスプレイとして認証を受けているという。

 また、暗くなりがちな3D映像を最適化する「3Dカラーエフェクト」機能を搭載。さらに、輝度を250cd/m2に高めたことで、3Dグラスを通しても明るい3D映像を楽しめるとしている。

 電源が不要で軽量化を図った3Dグラスとして、重さが16gの標準タイプと同8gで通常のメガネに装着できるクリップオンタイプの2種類を付属。同梱の3Dソフト「TriDef」をPCにインストールするだけで3D視聴が可能となっている。なお、同ソフトでは2D映像を3Dに変換して立体視できる「2D→3D変換」機能も備えた(Blu-rayディスクの3D変換は不可)。

 そのほかの特長として、「サイドバイサイド」や「トップアンドボトム」、「インターレース(ラインバイライン)」といった他の3D方式にも対応。映像の奥行き感や飛び出し感を変えて目への負担を軽減する「3D深度調整」機能を装備。LEDバックライトと映像エンジン「f-ENGINE」の組み合わせでDFC(デジタルファインコントラスト)起動時に500万:1の高コントラスト比とした(DFCのOFF時は1,000:1)。

 解像度は1,920×1,080ピクセル、視野角は2D時で上下160/左右170度、3D時で上下80/左右12度、応答速度は5ms(GTG)、インターフェースはHDMI 1.4a/DVI-D(HDCP対応)/ミニD-sub15ピンなど。本体サイズは幅546.4×高さ407.3×奥行き179.3mm、重さは3.5kg。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top