日本エイサー、IRエミッター内蔵の3D対応23.6型フルHD液晶ディスプレイ | RBB TODAY

日本エイサー、IRエミッター内蔵の3D対応23.6型フルHD液晶ディスプレイ

IT・デジタル 周辺機器
「HS244HQbmii」
  • 「HS244HQbmii」
  • 側面
  • 背面
 日本エイサーは、IRエミッターを液晶フレームに内蔵し手軽に立体視を楽しめる3D対応の23.6型フルHD液晶ディスプレイ「HS244HQbmii」を発表。2月下旬から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は50,000円前後。

 同製品は、「acer」ブランドの3D液晶ディスプレイの新製品。2010年3月に発売された3D対応23.6型フルHD液晶「GD245HQbid」は「NVIDIA 3D VISIONテクノロジー」対応製品で、「NVIDIA 3D VISIONキット」のIRエミッター(3D同期信号を赤外線で3Dメガネに送信する装置)をPCに接続して利用する。一方、今回発表のHS244HQbmiiは液晶フレームにIRエミッターを内蔵しており、IRエミッターの配置や配線を気にせず手軽に3Dを楽しめるという。

 3Dデータを伝送する最新規格に対応したHDMI 1.4a端子を2基搭載しており、Blu-ray 3D対応プレーヤーやレコーダー、3D対応ゲーム機器とHDMIケーブル(1本付属)で接続するだけで利用可能。音質面では、HDMI音声出力に対応した2W×2のステレオスピーカーを内蔵した。

 なお、立体視には専用の3Dメガネ「E1BIR-P」が必要で、1個付属する。別売オプションにも対応し、価格はオープンで、予想実売価格は10,000円前後。同メガネはNVIDIA 3D VISION対応製品との互換性はなし。

 パネルは非光沢タイプで、アスペクト比は16:9、視野角は上下160度/左右170度、輝度は330cd/m2、コントラスト比は独自のACMテクノロジーにより最大1,200万:1(デフォルト1,000:1)、応答速度は2ms、インターフェースはHDMI(ver.1.4a)×2/ミニD-sub15ピン/3.5mmステレオミニなど。スタンド含む本体サイズは幅575×高さ422×奥行き172mm、重さは5.2kg。付属品はミニD-sub15ピンケーブル(1.6m)/ハイスピード対応HDMIケーブル(1.8m)/電源ケーブル(1.6m)/台座/オーディオケーブル(1.8m)/専用3Dメガネなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top