初詣のお賽銭、一番多かったのは福井県、では一番少なかったのは? | RBB TODAY

初詣のお賽銭、一番多かったのは福井県、では一番少なかったのは?

 ウェザーニューズが初詣などに関する「年始調査」の結果を発表。“元日”に初詣へ出かける人は半数以下であることや都道府県別お賽銭額などが明らかになった。

エンタメ 調査
都道府県別お賽銭の額ランキングベスト10
  • 都道府県別お賽銭の額ランキングベスト10
  • ご利益がありそうな“初物”は?
  • 初詣はいつ行った?
 ウェザーニューズが初詣などに関する「年始調査」の結果を発表。13,782人(男性41%、女性59%)の有効回答をまとめた。

 まず「ご利益がありそう な“初物”は?」との質問で“初日の出”“初詣”“初夢”“初売り”“初笑い”“初仕事”から選択してもらうと、“初詣”が 45%と最も多く、続いて“初日の出”が37%、“初夢”、“初笑い”が6%、“初売り”、“初仕事”が 3%という結果となった。初詣と初日の出で8割を占めた。

 続いていつ初詣に出かけているかを調査すると、“元日(夜が明 けてから)”が27%で最も多く、続いて“これから”が24%、“行かない”が16%、“2日”が14%、“3日”が8%、“初日の出前”が6%、“大みそか(2年参り)”が5%になり、元日に初詣に出かけているのは、日本人の約4割であることがわかった。

 年代別に見てみると、“大みそか(2年参り)” に出かける割合が高かったのは60代以上の人で、他の年代より多い11%でした。10代、20代は“行かない”との回答が他の年代より多く、 20%を超える結果となった。

 「お賽銭はいくらしたか?」との質問では、 お賽銭の平均は149.3円だった。都道府県別に見てみると、最もお賽銭が多かったのは、福井県で238.9円、2位は奈良県で208.7円、3位は石川県で200.9円だった。逆に少なかったのは徳島県で90.0円だった。

 男女別に見てみると、男性の平均は168.2円、女性の平均は 135.8円になり、男性の方が32.4円多く払っていた。また、男女年代別に見てみると、一番高額なのは、60代女性で241.7円。その他の年代は男性の方が女性よりお賽銭の額は多く、年齢が上がるほどお賽銭の額が多くなる傾向にあった。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top