日本ビクター、フルHDの3D映像やフルHD超えの高精細映像などが撮影可能な次世代LSIを開発 | RBB TODAY

日本ビクター、フルHDの3D映像やフルHD超えの高精細映像などが撮影可能な次世代LSIを開発

 ビクター・JVCは、「HDカメラ用 次世代ハイスピード・プロセッサー(LSI)」を開発したと発表。これにより「フルHDの3D映像」「4K2K映像」「高速静止画」を撮影できるという。

IT・デジタル その他
新開発の「HDカメラ用 次世代ハイスピード・プロセッサー(LSI)」
  • 新開発の「HDカメラ用 次世代ハイスピード・プロセッサー(LSI)」
  • 3D処理のイメージ
  • 3つの映像処理のイメージ
 日本ビクター(ビクター・JVC)は、「HDカメラ用 次世代ハイスピード・プロセッサー(LSI)」を開発したと発表。これにより「フルHDの3D映像」「4K2K映像」「高速静止画」を撮影できるという。

 同技術では、「動画および静止画両方の高速信号処理」をワンチップで行なうことが可能。これは家庭向けデジタルビデオカメラ用技術として業界初をうたう(2010年12月14日現在、同社調べ)。

 新開発のLSIでは、「カメラ信号処理」「動画圧縮処理」「静止画圧縮処理」の3つの映像信号を個別にハイスピードで処理。また、従来のLSI内部の信号処理を全面的に見直し。3つの映像信号の処理を支えるCPUの能力も向上させた。

 同LSIにより3D映像への対応として、左右の独立したセンサーから入力された2つのフルHD(解像度1,920×1,080ピクセル)映像を、3D対応の画像圧縮フォーマット「MPEG-4 MVC」でリアルタイムエンコード処理。従来のビデオカメラの「Side-by-Side」での3D記録方式に対して情報量が2倍となるため、高精細なフルHDの3D映像を1チップで提供できるようになった。また、ハイスピード動画コーデックを搭載することで、3D記録モード時でも300コマ/秒の高速動画記録が可能になった。

 通常の2D映像においても性能が大きく向上。フルHDの4倍の画素数を持つ4K2K映像(3,840×2,160ピクセル)の撮影を可能とするカメラシステムを構成できるようになった。また、ハイスピードカメラ処理回路とハイスピードJPEGエンジンを搭載することで、フルHD動画の記録中でも830万画素の静止画を60枚/秒の高速連写で同時に記録できるという。
《加藤》

特集

page top