NTT Com、国内外シームレスな「グローバルIP内線通信サービス」提供開始 | RBB TODAY

NTT Com、国内外シームレスな「グローバルIP内線通信サービス」提供開始

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は4日、国内外で事業展開する企業向けに、IP電話をベースとした「グローバルIPコミュニケーションサービス」をワンストップで展開すると発表した。

ブロードバンド 回線・サービス
サービスイメージ図
  • サービスイメージ図
  • グローバルIPコミュニケーションサービス全体概要
 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は4日、国内外で事業展開する企業向けに、IP電話をベースとした「グローバルIPコミュニケーションサービス」をワンストップで展開すると発表した。

 第一弾として、日系通信事業者で初めて、国内VoIPサービスと連携したグローバルIP内線通信サービスとして、国内外シームレスな企業向け「グローバルIP内線通信サービス」を12月1日より提供開始する。国際IP-VPNサービス「ArcstarグローバルIP-VPN」を利用して、インターネットを介さないセキュアなIP内線通信サービスを実現する。海外拠点間の内線通信はもちろん、NTT Comの提供する国内VoIPサービスと連携した国内-海外拠点間の内線通信を、「拠点番号+端末番号」で簡単に実現する。またこれにより、国内-海外拠点間、海外拠点同士の内線通信を定額で利用可能となる。また、海外拠点側では既存PBXを有効活用するため、新たなVoIPゲートウェイ(GW)を準備する必要はないとのこと。初期費用は11,000円/拠点~、月額費用は4,000円/拠点~。現地通貨での請求にも対応する。提供エリアは159の国・地域(2010年9月末時点)。

 今後は、海外拠点からの外線発着信を低価格かつ高品質に実現するサービス、多彩なコミュニケーション手段を提供するクラウド型ユニファイドコミュニケーションサービス、国内外シームレスで提供するSaaS型コンタクトセンターサービスなども提供する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top