アプリに発着信機能を実装できる「050 VoIP SDK」 | RBB TODAY

アプリに発着信機能を実装できる「050 VoIP SDK」

エンタープライズ モバイルBIZ

IP電話サービスの利用イメージ
  • IP電話サービスの利用イメージ
  • 050 VoIP SDKを活用したビジネスモデルの例1
  • 050 VoIP SDKを活用したビジネスモデルの例2
  • NTT Comが提供するIP電話サービス(無料通話先一覧)
 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は29日、IP電話サービスと連携したスマートフォンアプリを簡単に開発できる「050 VoIP SDK」(仮称)を10月上旬より提供することを発表した。同日よりアプリ開発・提供パートナーの募集を開始する。

 「050 VoIP SDK」は、IP電話の発着信プログラムのライブラリと併せて、アプリ開発者用ドキュメントやソースコード付きのサンプルアプリなどを提供するもの。任意のアプリ(iOS/Android対応)に発着信機能を実装可能となる。IP電話サービスを構築するための複雑なプログラムを最初から開発する必要がなく、高度な専門知識は不要となっている。

 NTT ComのIP電話ネットワークを利用し、本SDKを活用したアプリ同士の通話、「050 plus」などNTT Comが提供するIP電話サービスとの通話が無料で行える。また本SDKを活用したアプリでは、050で始まる電話番号を利用することが可能となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top