ソニー、3D伝送に対応するAVアンプのエントリーモデル | RBB TODAY

ソニー、3D伝送に対応するAVアンプのエントリーモデル

IT・デジタル その他

STR-DH710
  • STR-DH710
  • ウォークマンとの接続イメージ
  • 「ドルビープロロジックIIz」の音場イメージ
  • 付属の音場補正マイク
  • 「オーディオ機器コントロール」のイメージ
 ソニーは、3D映像伝送とオーディオリターンチャンネル(ARC)など、HDMIの新機能に対応したAVアンプのエントリーモデル「STR-DH710」を発表。6月10日から発売する。価格は54,600円。

 同製品は、3D映像信号のパススルー伝送に対応したHDMI端子を搭載するAVアンプ。3Dに対応するテレビやAV録画/再生機器と接続し、3D映像をホームシアター環境で楽しめる。さらに、HDMI端子はオーディオリターンチャンネルにも対応。従来は光デジタルケーブルに接続する必要があったが、ARC対応によってHDMIケーブル1本で、テレビへのデジタル映像・音声信号の出力と、テレビからのデジタル音声信号の入力を可能にした。

 音質面では、前後左右に加えて高さ方向の音を再現し、音の立体感と臨場感を高める「ドルビープロロジックIIz」に対応。ペアマッチング方式自動音場補正機能の「D.C.A.C.(Digital Cinema Auto Calibration)」を搭載しており、付属の測定マイクを使うことで、部屋の音響特性を自動で測定・補正。最適なサラウンド効果を得られるという。

 映画館やコンサートホールのような音響を再現する「デジタルシネマサウンド」を装備し、Blu-rayディスクに採用されている「Dolby TrueHD」ya「DTS-HD Master Audio」など最新のロスレス音声フォーマットに対応。ポータブル機器の音源も豊かな音質に高める「ポータブルオーディオエンハンサー」を備えている。

 テレビを見ながら常に最新の情報をインターネットから取得して楽しめる情報閲覧機能「アプリキャスト」の「オーディオ機器コントロール」と連動。同社製テレビ「ブラビア」のリモコンを使い、テレビ画面上でサウンドフィールドの変更や音質設定、入力切換が可能となった。

 定格出力はフロント/センター/サラウンド/サラウンドバックのいずれも85W×2。実用最大出力はフロント/センター/サラウンド/サラウンドバックのいずれも140W/ch。周波数特性は10~70,000Hz、±3dB(8Ω時)。SN比は96dB(サラウンド、EQすべてOFF時)。

 インターフェースはHDMI入力×3/HDMI出力/デジタル光同軸/デジタル光入力×2/コンポーネント映像入力×3/コンポーネント映像出力など。本体サイズは幅430×高さ157.5×奥行き322mm、重さは約8kg。付属品はワイヤレスリモコン/音場補正マイクなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top