ソニー、高速次世代無線通信技術のTransferJet規格対応LSIを製品化 | RBB TODAY

ソニー、高速次世代無線通信技術のTransferJet規格対応LSIを製品化

 ソニーは30日、近距離無線伝送技術「TransferJet」(トランスファージェット)規格に対応したLSIとして「CXD3267AGG」と「CXD3268AGW」を製品化したと発表。出荷時期は11月、サンプル価格は1,500円としている。

IT・デジタル ノートPC
【左】CXD3267AGG 【右】CXD3267AGG
  • 【左】CXD3267AGG 【右】CXD3267AGG
  • 近接無線転送技術「TransferJet」のイメージ
  • 「TransferJet」概要
  • 導入提案例
 ソニーは30日、近距離無線伝送技術「TransferJet」(トランスファージェット)規格に対応したLSIとして「CXD3267AGG」と「CXD3268AGW」を製品化したと発表。出荷時期は11月、サンプル価格は1,500円としている。

 TransferJetは、搭載した機器同士を近接させるだけで通信を行なうという直感的なインターフェースを採用し、最高560Mbpsの高速データ通信が可能な次世代無線通信技術。今回の両製品は、TransferJetに関する業界団体「TransferJet Consortium」が策定したTransferJet規格に基づいている。

 両製品では、同社が長年培ってきた高速伝送技術をベースに、広帯域無線技術を近距離無線技術として応用・開発するとともに、CMOS(相補型金属酸化膜半導体)プロセスを用いることにより、高速通信に必要な無線機能、信号処理機能、およびホストインターフェースなどを単一パッケージに収めた。その結果、TransferJetの機能をわずかな外付け部品で実装することが可能となり、小型機器への搭載も容易にしたという。

 さらに、携帯電話/デジタルビデオカメラ/デジタルカメラ/PC/HDDレコーダーなどのさまざまな電子機器への搭載を容易にするために、開発者向けとしてリファレンスキットとソフトウェアディベロップメントキットを用意した。また、両製品を搭載したモバイル機器向け小型モジュール、ノートPC向けPCI Express Mini Cardモジュールおよび、USB接続用モジュールもラインナップに加えていくという。

 共通仕様として、送信周波数は4.48GHz、チップレートは560Mcps、変調方式は直接スペクトラム拡散方式、接続方式は1対1、送信レート制御として転送レート選択機能を搭載。そのほかに、誤り訂正符号化器や復号器を搭載し、LNA、VCO/PLLを内蔵。汎用ポート出力(LED制御等に使用)とし、パワーマネージメント機能を備えている。

 ホストインターフェースは、CXD3267AGGがPCI/Mini PCI (Rev2.3)で、CXD3268AGWがSDIO(Ver2.0)。本体サイズは、CXD3267AGGが幅11×高さ1×奥行き11mm、CXD3268AGWが幅8×高さ0.78×奥行き5.5mm。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top