エプソン、薄さ約20mmのスリムボディーを採用したノートPC「Endeavor NA501E」 | RBB TODAY

エプソン、薄さ約20mmのスリムボディーを採用したノートPC「Endeavor NA501E」

 エプソンダイレクトは1日、超低電圧版のCPUを搭載したノートPC「Endeavor NA501E」を発表。12月中旬から同社直販サイトおよびコールセンターにて受注を開始。直販価格は基本構成で64,890円。

IT・デジタル ノートPC
Endeavor NA501E
  • Endeavor NA501E
  • Endeavor NA501E 背面
  • 側面 インターフェース部
  • 側面 インターフェース部
 エプソンダイレクトは1日、超低電圧版のCPUを搭載したノートPC「Endeavor NA501E」を発表。12月中旬から同社直販サイトおよびコールセンターにて受注を開始。直販価格は基本構成で64,890円。

 同製品は、薄さ約20mm(最薄部19.8mm、最厚部20.8mm)で同社史上最薄のノートPC。重さは約1.48kg(バッテリー含む)。ディスプレイはLEDバックライトの13.3V型液晶ディスプレイ(解像度1,366×768ピクセル)を搭載。液晶表面に微細な凹凸処理がされており、光の反射を拡散することで液晶への映り込みを軽減し、目が疲れにくいという。

 CPUは消費電力を抑えた超低電圧版Celeron 743(1.3GHz)を搭載。ほかにも、上位モデルとして超低電圧版Core2 Duo SU9400(1.4GHz)を用意する(上位の基本構成価格は84,800円)。OSは基本構成でWindows 7 Home Premium 32ビット版となる。BTOに対応し、OSがWindows 7 Professional/XP Professional(7 Professionalのダウングレード)、メモリは最大4GB、HDDは160GB/250GB/320GB/500GB(5,400回転)、250GB/500GB(7,200回転)の選択が可能となっている。

 キー形状は四角形に近い形状を採用。キーと指先の設置面が広くなり、タイピングしやすいという。パームレスト部には特殊ペイント(ソフトレザーペイント)を施し、表面の微細な凹凸により手が触れる面積を少なくし、不快な手のベタつきを軽減した。

 Celeronモデルのおもな基本スペックは以下のとおり。

●Endeavor NA501E
・OS:Windows 7 Home Premium 32ビット版
・液晶ディスプレイ:13.3V型
・最大解像度:1,366×768ピクセル
・CPU:Celeron 743(1.3GHz)
・メモリ:1GB(DDR2)
・HDD:160GB(5,400回転)
・グラフィックス:GS45 Express(オンボード)
・光学ドライブ:なし
・有線LAN:1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T
・無線LAN:IEEE802.11b/g
・インターフェース:USB2.0×3/ミニD-sub15ピン/メモリーカードスロット(SD/SDHC、マルチメディア、メモリースティック)/マイク/ヘッドホンなど
・バッテリ:リチウムイオンポリマーバッテリ
・バッテリ駆動時間:約3.2時間
・本体サイズ:幅324×高さ20.8×奥行き230mm(突起部除く)
・重さ:約1.48kg(バッテリ含む)
・付属品:ACアダプタ/電源コード/バッテリパックなど
《》

関連ニュース

特集

page top