エプソンダイレクト、拡張性の高いBTO対応のミドルタワー | RBB TODAY

エプソンダイレクト、拡張性の高いBTO対応のミドルタワー

IT・デジタル デスクトップPC

「Endeavor Pro5000」
  • 「Endeavor Pro5000」
  • 背面のインターフェース
 エプソンダイレクトは、第2世代インテルCore/SATA3.0/USB3.0など最新テクノロジー対応のミドルタワー「Endeavor Pro5000」を発表、受注を開始した。価格は106,680円~。

 電源ボタン/マイク入力/ヘッドホン出力/USBを1ユニット化した新開発の「フロントI/Oユニット」を本体前面に配置。3基ある5.25型ドライブベイのいずれかに移動して使用できる。

 PCIスロットを3本のほか、PCI Express×16を2本、PCI Express×4を1本、PCI Express×1を1本装備。すべてのスロットでフルサイズ(カード長312mm)の拡張カードを取り付けることが可能となっている。また、シリアル・パラレルポートも標準搭載した。

 BTO対応で、CPUはCore i3-2100(3.1GHz)/Core i7-2600(3.4GHz)/Core i5-2500(3.3GHz)/Core i5-2400(3.1GHz)を用意。ストレージは250GB HDDをはじめ500GB/1TB HDD、80GB/120GB/160GB SSDのほか、RAID 0キット 240GBやRAID 1キット 250GB/500GB/1TB、RAID 10キット 1TBもラインアップ。120GB SSDは転送速度の最大が600MB/秒のSATA3.0に対応する。

 OSはWindows 7 Home Premium 32/64ビット版、Windows 7 Ultimate 32/64ビット版、Windows 7 Professional 32/64ビット版でいずれもSP1適用済み。メモリは2GBで32ビット版OS選択時に最大4GB、64ビット版選択時に最大16GB。光学ドライブはDVD-ROM(再生ソフト付)のほかDVD-ROMドライブ(再生ソフトなし)、スーパーマルチ(2層書き込み対応)、Blu-rayディスクコンボ、Blu-rayディスク(CPRM対応 再生ソフト付)を用意した。

 グラフィックスは、基本構成時がRadeon HD 5450(専用メモリ512MB)で、GeForce GTS 450(専用メモリ1GB)/GeForce GTX 460(専用メモリ1GB)/Radeon HD 5870(専用メモリ1GB)/Radeon HD 6970(専用メモリ2GB)/GeForce GTX 580(専用メモリ1536MB)/Quadro 600(専用メモリ1GB)/FirePro V4800(専用メモリ1GB)/Quadro 2000(専用メモリ1GB)もBTOの選択が可能となる。
 インターフェースはUSB3.0×2/USB2.0×7/ミニD-sub15ピン/マイク/ヘッドホン/LANなど。本体サイズは幅217×高さ431×奥行き500mm(キャリングハンドルなし時)、重さは約18.3kg(基本構成時)。

 また同日、上記のほかにミニタワーPC「Endeavor LX9000」(2011年1月発売)のBTO選択肢に「OSなし」の追加を発表した。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top