東芝、ノートPC「dynabook CXシリーズ」を発売延期——生産立ち上げの遅れのため | RBB TODAY

東芝、ノートPC「dynabook CXシリーズ」を発売延期——生産立ち上げの遅れのため

 東芝は、10月13日に発表した同社ノートPC「dynabook CXシリーズ」の発売日が、当初予定の11月上旬から11月下旬以降になったことを発表。理由は「生産立ち上げの遅れのため」によるもの。

IT・デジタル ノートPC
「dynabook CXシリーズ」
  • 「dynabook CXシリーズ」
 東芝は、10月13日に発表した同社ノートPC「dynabook CXシリーズ」の発売日が、当初予定の11月上旬から11月下旬以降になったことを発表。

 発売が延期されたのは、型番がCX/47KWH、CX/45KWHの2モデル。延期の理由は「生産立ち上げの遅れのため」によるものとしている。

 dynabook CXシリーズは13.3V型液晶(1,280×800ピクセル)のベーシックなスタンダードノート。上位モデルのCX/47KWH がCPUにCore 2 Duo P8600(2.4GHz)、メモリが標準4GB(最大4GB)、CX/45KWH がCeleron 900(2.2GHz )、メモリが標準2GB(最大4GB)の2ラインアップとなる。ほかのおもな共通仕様は、OSがWindows 7 Home Premium(32ビット)、HDDが320GB、光学ドライブがDVDスーパーマルチ、Micorosoft Office2007+PowerPointが標準搭載など。予想実売価格はCX/47KWH が170,000円前後、CX/45KWH が140,000円前後。
《小口》

関連ニュース

特集

page top