KDDIと日本電気、デジタルサイネージの活用で共同実験を開始 | RBB TODAY

KDDIと日本電気、デジタルサイネージの活用で共同実験を開始

エンタープライズ その他

店内向けディスプレイ
  • 店内向けディスプレイ
  • 店外向けディスプレイ
  • auショップでのデジタルサイネージ設置イメージ
 KDDIと日本電気(NEC)は2日、東京都内のauショップ2店舗(auショップ池袋東口、auショップ光が丘IMA)において、デジタルサイネージの活用に関する共同実験を開始した。実施期間は2010年1月中旬までの予定。

 この共同実験は、NECのコンサルティングのもと、同社のデジタルサイネージソリューションサービス「PanelDirector」(パネルディレクター)を利用して実施する。auショップ店内に情報配信用ディスプレイ2台を設置し、それぞれの設置状況に応じた情報およびコンテンツを配信する。店内に設置されたディスプレイでは、auショップに来店した顧客向けに、au携帯電話のサービスやコンテンツの情報などを配信。ディスプレイに搭載された視認効果測定機能により、表示されたコンテンツに対する顧客の興味の度合いなどを測定し、顧客満足度の向上を目的としたデジタルサイネージの活用方法を検証する。

 また、飲食店情報検索サイト「ぐるなび」による地域の飲食店情報なども配信し、FeliCaリーダ/ライタおよびQRコードを併用しながら、さらに詳しい店舗情報やクーポン情報へのアクセスを誘導するなど、デジタルサイネージと携帯電話の組み合わせによるあらたな付加価値の提供についても検証する。店外向けに設置したディスプレイでは、地域住人に向けて、au携帯電話やKDDIのサービスに関心を持ってもらうための情報や、生活に役立つ地域の情報などを配信し、デジタルサイネージを活用した情報発信の有効性を検証するという。2台のディスプレイに表示されるコンテンツは、NECのデータセンターのサービス基盤から配信されるため、より効果的なコンテンツ作成や配信の管理が可能とのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top