Microsoft Exchange Server 2010日本語版、11月2日より提供開始 | RBB TODAY

Microsoft Exchange Server 2010日本語版、11月2日より提供開始

エンタープライズ モバイルBIZ

Exchange Server 2010の製品体系
  • Exchange Server 2010の製品体系
  • Exchange Server 2010画面イメージ
 マイクロソフトは29日、企業向けメッセージング プラットフォームの新製品である「Microsoft Exchange Server 2010日本語版」を、11月2日より提供開始することを発表した。

 Exchange Server 2010は、Exchange Serverの最新バージョン。Exchange Server 2010では、日本を含む世界中のExchangeユーザーのフィードバックを反映し機能を大幅に強化。「ソフトウェア+サービス」戦略に基づく最適化を図ったという。

 Exchangeメールボックス データベースのパフォーマンスの向上により、Exchange Server 2003と比較してディスクIOPS(1秒あたりの入力/出力)が最大90%減少。また、Exchange Server 2010は、社内設置型、Exchange Onlineを使用したホスティング サービス、社内設置型とホスティングサービスをシームレスに統合した展開のいずれかを選択可能で、柔軟に利用環境を構築できる(Exchange Onlineの2010へのバージョンアップは、2010年中を予定)。またExchange Server 2010では、従来のExchange Serverと比べて、より多くのプラットフォーム、Webブラウザ、携帯電話、電子メール、ボイス メール、インスタントメッセージなどのコミュニケーション方法にアクセス可能となった。Webブラウザについては、Microsoft Internet Explorerに加えて、Mozilla FirefoxおよびSafariにも対応した。セキュリティ面では、きめ細かいマルチ メールボックス検索や、保管時の即時改ざん防止などの新機能に対応。管理者の設定によって自動的にメールが保護される機能や、メール送信のワークフローを利用しメール送信時に内容の閲覧確認ができる機能なども実装された。

 またとくに日本のユーザーより要望が寄せられた、「組織名からのユーザー検索」や「チームメンバーの予定を一覧で見ることができる」コラボレーション機能を強化。Outlook 2010との組み合わせにより、部署名から氏名の検索が可能な「階層化アドレス帳」と、複数のユーザーを一覧表で見られる「グループスケジュール」が実装されたという。

 なお29日時点で41社のISV(Independent Software Vendor)、SI(システムインテグレーター)、販売パートナー各社が、Exchange Server 2010に対応したアプリケーションや、ソリューション、サービスを提供することを表明している。
 
 価格は、Exchange Server 2010 Enterprise Editionが779,000円、Exchange Server 2010 Standard Editionが137,000円、Exchange Server 2010 Standard CALがユーザーCAL 13,000円/デバイスCAL 13,000円、Exchange Server 2010 Enterprise CALがユーザーCAL 8,000円/デバイスCAL 8,000円、Exchange Server 2010 エクスターナル コネクター ライセンスが9,720,000円など(税抜、いずれもボリュームライセンス)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top